1野村雅道

2016年11月 7日 (月)

「米国は経済指標もFBIもREVISED=改定値が面白い」

米国の経済指標は速報値と改定値で大きく異なり相場を動かす(他国ではあまり見られない)
FBIも速報、その後、またその後で市場を喜ばせる

|

2009年8月10日 (月)

明日(次の取引日)のTOPIXは:呂 新一

過去15年間、勝率が6割超を維持してきた予測方法によれば、明日(次の取引日)のTOPIX終値は、今日より高くなる可能性が大きい。

===========

なお、当然のことですが、このコメントに基づく取引で損失が発生しても、当方は一切の責任を負いません。あくまでも自己責任です。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

2009年6月30日 (火)

基本動作

「基本動作」

これだけやってれば相場から置いていかれることはないだろうと日々チェックしている。

1.チャート(P&F、ローソク、トレンドライン、一目、ボリンジャー)

2.ニュース

3.需給

4.注文状況

5.当局

6.マネーマネージメント

| | コメント (0)

2009年5月 5日 (火)

5月、6月セミナーのお知らせ

「5月、6月セミナーのお知らせ」

5月、6月は以下のセミナーを予定しておりますので

宜しくお願い申し上げます

5月9日(土)中京大学パーソナルアセットマネージメント(初級)

http://www.chukyo-u.ac.jp/opencollege/index.html

5月14日(木)外為どっとコム社「外為注文情報の利用について」

http://www.gaitame.com/seminar/0905/14_li_nomura.html

5月16日(土)中京大学パーソナルアセットマネージメント(メザニン)

http://www.chukyo-u.ac.jp/opencollege/index.html

5月31日(土)モーニングスター「資産運用セミナー」

http://www.morningstar.co.jp/stock/seminar/smn090531.html

6月27(日)外為どっとコム社(博多)外国為替初級セミナー

http://www.gaitame.com/seminar/0906/27_hu_kawa.html

| | コメント (0)

2009年4月 2日 (木)

野村さん、ひとつ言い忘れていました

 野村さん、ひとつ言い忘れていました。

 証券アナリストの習性なのですが、企業の業績を評価する場合、税引き後利益より営業利益をみる傾向があります。そのせいか、決算短信や有価証券報告書でも、セグメント情報という詳細な事業部門別のデータも、売上高と営業利益が対象になっています。

 本当は、海外の事業からもたらされる受取配当金なども重要なのですが、営業外収益として対象から外されます。

 総合商社などでは税引き後利益ベースでセグメント情報を提供していますが、今のところはほんの一部の業界にすぎません。

 蛇足とは思うのですか、一応付け加えさせていただきます。

かかし

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

野村さん、日本版HIAですか?:かかし

日本版HIAですか?実は、勉強不足のため、適切なコメントをする自信がありません。野村さんが別のブログで書かれていた記事を読んで、なるほどと思った次第です。ご期待に添えずすみません。

2005年のユーロドルへのインパクトはすごかったのですね。

今回のケースで円ドルへの影響度は、確かに三菱東京UFJの方が試算したとおりになるなら、資金還流額は5兆円というすごい数字になりますから、確かに大きいのでしょうね。

すごいニュースではあるのですが、日本企業のサイドに立って見てみると、気になる点がいくつかあります。

1.基軸通貨であるドルを保有する必要性に比べて、円を保有するメリットが薄いような気がします。2005年は何といっても米企業がドルを集めたのですから、このような問題はありませんでした。

2.海外で事業を展開しているグローバル企業にとって、業績の足枷となる円高をを加速する戦略を積極的に推進するかどうか、少しばかり疑問です。

3.成長性の高い新興国市場における事業では高い収益率が期待できるのに、わざわざ収益性が低く、金利も低い日本へ資金を集中するメリットは大きくないかもしれません。

4.研究開発などの活動がどんどんグローバル化しています。以前のエレクトロニクス企業に見られたような、世界を席巻する技術もすっかり少なくなりました。むしろ、海外の重要な市場で、マーケット・オリエンテッドな研究開発を手がけるニーズが高くなっています。

このような観点からみると、世界中の留保利益を日本国内に呼び戻すニーズは必ずしも十分に高いものではないかもしれません。

何分、勉強不足なため、ピント外れなコメントはご容赦ください。

かかし

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

日銀政府の株買い、かかしさん

「日銀政府の株買い、かかしさん」

政府の銀行等保有株式取得機構が、3月買い取り額は415億円だったと発表した。

  日銀も2月下旬に主要銀行を対象にした株式の買い取りを始めているが買い取り総額は11億円だ。

竹中大臣の7000円の日経平均の時代にも日銀は株の買取を行い日系平均1万8千円の原動力となった。竹中大臣はETF(ETCではないと思う)を買えと推奨して怒られていたが。FX業者なら推奨はコンプライアンス上まずいわけである。

 本ブログの日本株の専門家のかかしさんは12月から「不況下の株高」と称していろいろな兆しを取り上げて、株高を見ていたわけです。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

2009年2月22日 (日)

ディフェンシブ特集について:かかし

野村さん、明日10時に出す予定の投稿記事にも書いておいたのですが、ここ1か月仕事で缶詰状態であったため、このブログのフォローが出来ておらず、大変に申し訳ありません。雑誌の編集ではデッドラインの圧力はまさに地獄です。

ディフェンシブ特集がありましたね。野村さんのおっしゃる通り、陰でひっそりと楽しむというスタンスに大賛成です。何しろ周りの人達が損失でもがき苦しむなかで着々と利益の蓄積が可能になるという性格の株ですから、ひっそりと楽しむにかぎります。

ですから、新聞で大きく取り上げられて、人々の注目が集まるというのはあまり良いシグナルとは言えません。一休みすべき時が近づいているのかなと思います。

薬品会社も風邪薬や化粧品の優待券があるといいですね。

それから、時々出てくる景気反転のシグナルには、私も注目しています。ご指摘のとおり、背後に中国の需要がある点も全く同感です。海運市況の底打ち、プラチナの価格上昇、合成繊維原料市況の反転、トヨタの減産終了・・・・・・・・・

株式市場は悪い話には鈍感になっています。ということは、良い話には敏感になってきているのだと思います。明日はその観点から、新日本石油の株価の動きのお話をさせていただくつもりです。

かかし

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

2009年2月13日 (金)

野村さん、豪景気対策ですが:津田

420億ドルの景気対策については前から一時金の給付に対して野党連合は減税にすべきと反対していましたが、、今回の上院採決では否決されましたが賛否同数であり、現在南オーストラリア州の無所属議員との間で調整を進めているという情報もあります。政府は基本的にこれから法案を修正したうえで下院に再提出し、23日から上院での再審議を求めるようですね。山火事の大災害もあり、今回の景気刺激策の可決遅延はラッド首相にとって打撃となる可能性があり要注意です。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

0

| | コメント (0)

2009年2月12日 (木)

確かに雇用者数は予想より強かったですね!野村さん:津田

ちょっと、今日の宿題をやってまして、もうすぐupします、、、

サッカーの結果は私の予想 OZ-JPN : 3-2は外れました、、相変わらず相場観悪いです。
あと、野村さんが少しleak(漏らす)しましたが、”日本の豪ドル預金より約2%高い、豪州直売、豪ドル預金ファンド”をもうすぐリリースしますので、みなさんご期待下さい!!

さて豪州の1月雇用統計ですが:
失業率4.8%(予想値4.7%、前月4.5%)
就業者数+1.2千人(予想-18千人、前月-1.2千人から±ゼロに上方修正)
full time employment +33.7千人
part time employment -32.千人(クリスマス商戦要員減)
Labor participation rate 65.1%(予想 64.9%前月65.1%)(実際の就業者数を就業適齢人口で割ったもの)

ですから、失業率は悪化していますが、全体としてはそんなに悪くないですね、、豪ドル、豪ドル円ともに0.6590、59.40近辺に若干upですね!

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

0

| | コメント (0)

より以前の記事一覧