« 国名変更の理由は 「トルコ、国連での国名を「テュルキエ」に」 | トップページ | テクニカル「主要3通貨ペアテクニカル&南アランド円」 »

2022年6月13日 (月)

テクニカル「主要3通貨ペアテクニカル&南アランド円」

テクニカル「主要3通貨ペアテクニカル&南アランド円」

*ドル円「ボリバン上限で下ヒゲ2本という珍しい形」

日足、ボリバン上限で下ヒゲ2本という珍しい形。上限でも買い意欲が強い。6月5日-10日の上昇ラインがサポート。134.55あたりがダブルトップ。5日線、20日線上向き。
週足、3週連続陰線の後、一気に3週前に戻る大陽線。先週は続伸し2σ上限に迫る。5月30日週-6月6日週の上昇ラインがサポート。
月足、6月は陽線スタート。ボリバン2σ上限と3σ上限の間で推移する強さ。以前の高値は2002年2月の135.15。
年足、2021年は6年ぶり陽線。今年もここまで陽線。2016年-20年の下降ラインを上抜く。20年-21年の上昇ラインがサポート。15年-21年の下降ラインを上抜く。

*ユーロドル「雲に入れず下落、ボリバン下限へ」

日足、雲に入れず下落。ボリバン2σ下限に近い。5月13日-6月10日の上昇ラインがサポート。6月9日-10日の下降ラインが上値抵抗。5日線下向き、20日線を下抜く。
週足、2週連続陽線の次週は伸び悩み先週は反落。ボリバン2σ下限から反発。5月16日週-6月6日週の上昇ラインがサポート。3月28週-6月6日週の下降ラインが上値抵抗。5週線上向く、20週線下向き。
月足、ボリバン3σ下限から反発、5月は5か月ぶりに陽転するも6月は2σ下限まで下落。3月-4月の下降ラインが上値抵抗。
年足、20年‐21年の上昇ラインを下抜く。17年-20年の上昇ラインも下抜く。14年‐21年の下降ラインが上値抵抗。年足的サポートラインがない。ボリバン2σ下限は1.00あたり。

*ユーロ円「11日ぶり陰線、週足上ヒゲ長い」

日足、11日ぶり陰線、翌日も陰線。5月26日-6月10日の上昇ラインがサポート。6月9日-10日の下降ラインが上値抵抗。5日線20日線上向き。
週足、4週連続陽線も先週は上ヒゲ長い。5月30日週-6月6日週、5月9日週-23日週の上昇ラインがサポート。5週線20週線上向き。
月足、3か月連続陽線、6月も陽線スタートだがボリバン3σ上限超えで反落。22年3月-5月の上昇ラインがサポート。
年足、2年連続陽線。今年も3月に陽転。14年-21年の下降ラインを上抜く。12年-20年の上昇ラインがサポート。


*南アランド円「4週連続陽線も先週は上ヒゲがかなり長い」

日足、なべ底から離脱。雲の上へ。ただ11日ぶり陰線後は急落。5月26日-6月10日の上昇ラインがサポート。6月9日-10日の下降ラインが上値抵抗。5日線、20日線上向き。
週足、4週連続陽線も先週は上ヒゲがかなり長い。5月30日週-6月6日日週の上昇ラインがサポート。5週線、20週線上向き。
月足、6月は上昇スタートも3月、4月同様に上ヒゲが長くなってきた。3月-5月の上昇ラインがサポート。ボリバン2σ上限。
年足、21年はかろうじて陽線。22年も陽線スタート。18年-21年の下降ラインを上抜く。20年-21年の上昇ラインがサポート。

 

 

 

|

« 国名変更の理由は 「トルコ、国連での国名を「テュルキエ」に」 | トップページ | テクニカル「主要3通貨ペアテクニカル&南アランド円」 »

1野村雅道(2)」カテゴリの記事