« 「G7首脳会議声明」と「バイデン大統領記者会見」 | トップページ | 「日銀支店長会議と円安、金融緩和発言」 »

2022年4月11日 (月)

テクニカル「主要3通貨ペアテクニカル」&南アランド円

テクニカル「主要3通貨ペアテクニカル」

*ドル円「3日連続陰線後、6日連続陽線で切り返し中」

日足、3月28日の高値へ向けて6日連続陽線。3月28日-4月8日の下降ラインが上値抵抗。4月7日-8日の上昇ラインがサポート。5日線、20日線上向き。
週足、5週連続陽線。3月28日週は短い陽線だが長い上ヒゲを残したが先週は上昇。ボリバン2σと3σ上限の間に位置する。3月28日週-4月4日週の上昇ラインがサポート。3月28日週-4月4日週の下降ラインが上値抵抗。
月足、ボリバン3σ上限を越える上昇。5か月線から反発。1月-3月の上昇ラインがサポート。1月-2月の下降ラインを上抜く。3月は上ヒゲが長くなったが4月はその上ヒゲへ向かって上昇。雲の上。
年足、2021年は6年ぶり陽線。今年もここまで陽線。15年-20年の下降ラインを上抜く。20年-21年の上昇ラインがサポート。15年-21年の下降ラインを上抜く。

*ユーロドル「ボリバン2σ上限から反落」

日足、ボリバン2σ上限から2σ下限まで下落。4月7日-8日の下降ラインが上値抵抗。3月7日-4月81日の上昇ラインがサポート。5日線下向き、20日線上向き。
週足、ボリバン3σ下限から反発もボリバン中位以上は維持できず下落。3月28日週-4月4日週の下降ラインが上値抵抗。3月7日週-4月4日週の上昇ラインがサポート。5週線、20週線下向き。
月足、1月、2月は雲の上に出きれず、3月急落。ボリバン3σ下限で下げ止まり反発も4月は再び2σ下限へ。2月-3月の下降ラインが上値抵抗。
年足、20年‐21年の上昇ラインを下抜く。17年-20年の上昇ラインがサポート。14年‐21年の下降ラインが上値抵抗。

*ユーロ円「ボリバン2σ上限から反落」

日足、3月28日の年初来高値の137.527からは反落も、134円前半で下げ止まる。4月5日-8日の上昇ラインがサポート。3月31日-4月8日の下降ラインが上値抵抗。5日線下向き、20日線上向き。
週足、ボリバン3σ下限から反発、一時3σ上限上抜く。雲の上に出る。3月28日週は上ヒゲが長い。3月21日週-4月4日週の上昇ラインがサポート。3月28日週-4月4日週の下降ラインが上値抵抗。
5週線上向き、20週線も上向く。
月足、1月、2月は陰線。2月の長い上ヒゲで3月急落も下ヒゲで急回復。ボリバン上限へ。20年5月-22年3月の上昇ラインがサポート。21年10月-22年2月の下降ラインを上抜く。
年足、2年連続陽線。今年も3月に陽転。14年-21年の下降ラインを上抜く。12年-20年の上昇ラインがサポート。

*南アランド円「ボリバン2σ上限から反落も8.40あたりで横ばい推移」

日足、ボリバン2σ上限から反落。5日線上向き、20日線上向き。4月7日-8日の上昇ラインがサポート。3月28日-4月8日の下降ラインが上値抵抗。
週足、ボリバン3σ上限に達す。3月28日週-4月4日週の上昇ラインがサポート。3月28日週-4月4日週の下降ラインが上値抵抗。
月足、雲の上に上昇、一気にボリバン2σ上限越える。21年10月-22年2月の下降ラインを上抜く。1月-3月の上昇ラインがサポート。
年足、21年はかろうじて陽線。22年も陽線スタート。18年-21年の下降ラインを上抜く。20年-21年の上昇ラインがサポート。

|

« 「G7首脳会議声明」と「バイデン大統領記者会見」 | トップページ | 「日銀支店長会議と円安、金融緩和発言」 »

1野村雅道(2)」カテゴリの記事