« テクニカル「主要3通貨ペアテクニカル」 | トップページ | 「財務省の破局のシナリオはどうなった」 »

2021年3月30日 (火)

トルコの危機の異質さとは。混乱収まらず。次の焦点は4月15日政策金利決定

*本日のトルコリポート(メルハバ)の要点です

 

トルコの危機の異質さとは。混乱収まらず。次の焦点は4月15日政策金利決定」

 

(通貨最下位、株価最下位)   

 

予想レンジ トルコリラ/円 12.8-13.8

 

(ポイント) 

 

*トルコの危機の異質さとは

中銀総裁が電撃解任後の混乱は続く

*リラ安、株安、債券が続く

*新中銀総裁は利下げ観測を牽制

*格付け会社は格下げを示唆

*トルコ政府は資本規制を考えず

U首脳、4月6日 エルドアン大統領と会談へ

*貿易、経常収支は赤字だが他の指標は悪くはない

*成長率見通しも高い

*次の焦点は4月15日の金融政策決定

*解任理由は政治的背景と前総裁の利上げのパフォーマンスがある

*大統領は経済改革を打ち出した

*OECDは成長見通しを大幅引き上げ(総裁解任前)

*2月CPIは15%を超えた

*トルコは中国製ワクチンを接種

*レアアースに望み

*EU加盟を諦めたわけでもない

*21年はEUとの外交に柔軟姿勢を見せ始めている

*新憲法制定を画策

*米・トルコ関係は要注意 駐米大使召喚

20年経常収支は370億ドルの赤字 貿易赤字が69%拡大

S&Pとフィッチがアウトルックを安定的に

*中銀は為替介入は行わないとした

*大統領はGDPを世界のトップ10に引き上げるとした

 

|

« テクニカル「主要3通貨ペアテクニカル」 | トップページ | 「財務省の破局のシナリオはどうなった」 »

1野村雅道(2)」カテゴリの記事