« 晩秋の円安はリパトリと輸出の剥落 | トップページ | 「各国別注目ポイント」 »

2020年9月 5日 (土)

ドル円テク「ボリバン下限から5連続陽線も106.50で抵抗される。雲中へ上昇 秋の円安へ進むか」

*ドル円テク「ボリバン下限から5連続陽線も106.50で抵抗される。雲中へ上昇 秋の円安へ進むか」

日足、ボリバン下限から5連続陽線も先週3日、4日は同じように長い上ヒゲを出し上値抵抗感を示す。106.50が一つの壁。9月2日-4日、8月28日-31日の上昇ラインがサポート。8月28日-9月4日の下降ラインが上値抵抗。5日線上向き。ボリバン中位。雲中へ上昇。
週足、一旦、ボリバン下限を下抜くもボリバン内へ戻す。7月27日週-8月31日週の上昇ラインがサポート。8月24日週-31日週の下降ラインが上値抵抗。
月足、依然、3月のレンジを抜けず。3月-7月の上昇ラインがサポート。9月は6月-7月の下降ラインを上抜いてスタート。ボリバン下限を一旦下抜くも月末にバンド内へ戻す。3月-6月の下降ラインが上値抵抗。
年足、4年連続陰線。16年-19年の上昇ラインは再び下抜く。16年-17年の下降ラインが上値抵抗。

Unchuu

|

« 晩秋の円安はリパトリと輸出の剥落 | トップページ | 「各国別注目ポイント」 »

1野村雅道(2)」カテゴリの記事