« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月

2020年9月29日 (火)

「びっくり円高が消えた二つの理由」

「びっくり円高が消えた二つの理由」

Kotei4_20200929161501

 

 2016年1月の日銀マイナス金利導入で本紙は「マイナス金利は円高」と予想したが
それ以降、1ドル120円から毎年、小幅ながら円高が続いている。

 ただその円高の勢いには20世紀ほどのものはない。20世紀ならば、1日に5円、10円と円高が進む日もあった。
プライスが消えて一瞬のうちに大台が変るすさまじさがあった。
日本全体に円高トラウマが出来て、今も少し円高が進めば、恐怖が蘇り騒ぎだす。

 ただ事実を見ると2016年以降の円高は毎年小幅なものだ。1日で5円、10円どころか1円以上円高が進む日も殆どない。
もちろん、円安にはなっていないが明らかに「恐怖の円高」は消えている。1998年のLTCM破たんで2日で24円、年間で36円の円高や
1985年から3年間、240円から40円ずつ円高が進んで120円になったようなパニックは起きない。

 さて円相場が平穏になった理由は二つある。

一つは常々言っている貿易収支の均衡(最近は小幅赤字)だ。大幅円高が起きる時は
10兆円以上の貿易黒字があった。投機家がドル円をかなり低い水準で売ってしまったと思っていても
翌日は、輸出業者がもっと低いところを売ってくれて儲かったものだ。
 今はドル売りにそういう輸出業者のフォローがなく、ドルを売ったら自分で買い戻すしかない。出遅れれば損金となる。

二つ目は、円キャリーが消え去ったことだ。日本だけが低金利の時は、海外勢が円を借りて高金利通貨や新興国に投資することが流行った(例:LTCM=今のFX)。

 円キャリーの造成(円売り)は、増税時期が各主体で違いマチマチで、輸出も出ることからあまり目立たない。


ただ円キャリーの巻き戻しは大きなニュースがあって集中して起きることが多い(LTCMや他の経済ショック)
その時に急激な円高となる。輸出業者のドル売りも重なる。
 最近は世界全体が低金利なのでわざわざ日本円で借りる必要もなく、巻き戻しの円買い集中もない。
日本の投資家のリパトリも円買い要因だが、日本の投資家は海外のヘッジファンドと異なり
頻繁に売買しないし益出しもしないので急激な円高を引き起こさない(GPIF、生保など)。あるとすれば
 大型買収案件やその撤収か


以上、「貿易均衡」と「円キャリー消滅」がパニック円高を失くしたと言えよう。
ただ「びっくり円高」は消えたが「びっくり円安」になる需給の大きな変化はまだない。静かな相場が5年ほど続いている。

(今のようなオンラインで相場がリアルで見ることのできなかった20世紀には夜中に叩き起こされたり
朝目覚めると相場の景色が変わってしまっているような円高ショックが何度もあった)

 

 

|

2020年9月28日 (月)

今週の各国別ポイント

「各国別注目ポイント」

全体 期末 第1回米大統領候補討論会 日 短観 米 雇用 ISM製造業 中 製造業PMI など

米 第1回米大統領候補討論会 ケース・シラー米住宅価格 消費者信頼感 ADP雇用統計 GDP確定値 個人消費・確定値 コアPCE確定値 シカゴ購買部協会景気指数 住宅販売保留指数 チャレンジャー人員削減数 個人所得個人消費  新規失業保険申請件数 建設支出 ISM製造業景況指数 雇用統計 ミシガン大学消費者態度指数・確報値 製造業新規受注


中 製造業PMI 財新製造業PMI
日 東京都区部消費者物価 小売業販売額 百貨店・スーパー販売額 鉱工業生産  住宅着工 日銀短観  雇用統計 消費者態度指数

欧 経済信頼感 消費者物価 卸売物価 失業率
独 消費者物価 雇用
英 GFK消費者信頼感 GDP改定値 経常収支 
スイス KOF景気先行指数 消費者物価 小売売上 購買部協会景気指数
  
豪 住宅建設許可 小売売上 
NZ 住宅建設許可  
加 鉱工業製品価格 原料価格指数 月次国内総生産
南ア 卸売物価 消費者物価 貿易収支

トルコ 貿易収支 製造業PMI
メキシコ  貿易収支 失業率

|

2020年9月21日 (月)

ドル円テク「5日連続陰線でボリバン内へ戻れず、日足、週足、月足が3月-7月の上昇ラインを下抜く」

ドル円テク「5日連続陰線でボリバン内へ戻れず、日足、週足、月足が3月-7月の上昇ラインを下抜く」

日足、9月11日の実体比長い上ヒゲで下落。9月10日-11日の上昇ラインを下抜く。5日連続陰線。ボリバン内(104.77)へまだ戻れず。9月17日-18日の下降ラインが上値抵抗。雲のはるか下。5日線下向き。

Ycc0921sage 


週足、先週は8月31日週-9月7日週の上昇ラインを下抜き下落、ボリバン下限も下抜く。9月7日週-14日週の下降ラインが上値抵抗。
月足、依然、9月は6月-7月の下降ラインを上抜いてスタートも3月-7月の上昇ラインを下抜く。ボリバン下限を下抜く。3月-6月の下降ラインが上値抵抗。雲の下。
年足、4年連続陰線。16年-19年の上昇ラインは再び下抜く。16年-17年の下降ラインが上値抵抗。

|

2020年9月19日 (土)

来週の各国別注目ポイント、パウエル・ムニューシン議会証言 政策金利(NZ、スイス、トルコ、メキシコ)

「各国別注目ポイント」9/21-25

全体 パウエル・ムニューシン議会証言 政策金利(NZ、スイス、トルコ、メキシコ)  欧英米 製造業&サービス業PMI 日 全産業活動指数 日銀議事要旨

米 パウエル・ムニューシン議会証言 中古住宅販売 リッチモンド連銀製造業 製造業&サービス業PMI 失業保険 新築住宅販売 耐久財受注
中 
日 全産業活動指数 日銀議事要旨 企業向けサービス価格 

欧 消費者信頼感 製造業&サービス業PMI
独 GFK消費者信頼感調査 製造業&サービス業PMI  IFO企業景況感指数
英 ライトムーブ住宅価格 製造業&サービス業PMI  
スイス 政策金利
  
豪  
NZ 政策金利 貿易収支
加 
南ア 

トルコ 政策金利
メキシコ 政策金利

9/21(月) 日本 休場 英 ライトムーブ住宅価格
9/22(火) 日本 休場 ユーロ 消費者信頼感 米 中古住宅販売 リッチモンド連銀製造業
9/23(水) NZ 政策金利 日 全産業活動指数 独 GFK消費者信頼感調査 欧英米 製造業&サービス業PMI
9/24(木) NZ 貿易収支 日銀議事要旨 スイス 政策金利  独 IFO企業景況感指数 トルコ 政策金利 米 失業保険 新築住宅販売 メキシコ 政策金利
9/25(金) 日 企業向けサービス価格 米 耐久財受注

|

2020年9月14日 (月)

ドル円テク「雲中で横ばい、11日の上ヒゲ長し」

ドル円「雲中で横ばい、11日の上ヒゲ長し」

日足、これぞ横ばい。雲中。9月8日-11日の下降ラインが上値抵抗。9月9日-11日の上昇ラインがサポート。11日は上ヒゲ長い。5日線下向き。ボリバン中位。
週足、ボリバン下位膠着。雲の下。8月31日週-9月7日週の下降ラインが上値抵抗。8月31日週-9月7日週の上昇ラインがサポート。どちらに抜けるか、横ばいか。
月足、依然、3月のレンジを抜けず。3月-7月の上昇ラインがサポート。9月は6月-7月の下降ラインを上抜いてスタート。ボリバン下限を一旦下抜くもバンド内へ戻す。3月-6月の下降ラインが上値抵抗。雲の下。
年足、4年連続陰線。16年-19年の上昇ラインは再び下抜く。16年-17年の下降ラインが上値抵抗。

 

Ycc0914ooina 

|

「各国別注目ポイント」

「各国別注目ポイント」

全体 「中 小売売上 鉱工業生産 日 貿易統計 自民党総裁選  日銀会合 南ア 政策金利 NZ GDP 豪 雇用 英 政策金利 米 FOMC ミシガン大学消費者態度指数」

米 ニューヨーク連銀製造業景気指数 鉱工業生産 小売売上 NAHB住宅市場指数 FOMC 住宅着工 建設許可 フィラデルフィア連銀製造業景気指数 新規失業保険 経常収支 景気先行指標 ミシガン大学消費者態度指数

中 小売売上 鉱工業生産 70都市の新築住宅価格
日 自民党総裁選 資金循環統計 第三次産業活動指数 貿易統計 日銀金融政策決定会合 消費者物価

欧 鉱工業生産 貿易収支 建設支出  経常収支
独 ZEW景況感調査 生産者物価 小売売上
英 雇用統計 消費者物価 政策金利 中銀資産買取プログラム 議事要旨
スイス
  
豪  金融政策会合議事要旨 住宅価格指数 雇用
NZ  経常収支 GDP 
加 消費者物価
南ア  小売売上 政策金利

トルコ 鉱工業生産 
メキシコ


「中 小売売上 鉱工業生産 日 貿易統計  FOMC 日銀会合 南ア 政策金利 NZ GDP 豪 雇用 英 政策金利 米 ミシガン大学消費者態度指数」

9/14(月) 日 第三次産業活動指数 自民党総裁選 中 70都市の新築住宅価格 トルコ 鉱工業生産 ユーロ 鉱工業生産
9/15(火) 豪 金融政策会合議事要旨 住宅価格指数 中 小売売上 鉱工業生産 英 雇用統計  独 ZEW景況感調査 米 ニューヨーク連銀製造業景気指数 鉱工業生産

9/16(水) NZ 経常収支 日 貿易統計 英 消費者物価 ユーロ 貿易収支 南ア 小売売上 カナダ 消費者物価 米 小売売上 NAHB住宅市場指数 FOMC

9/17(木) 日銀金融政策決定会合 南ア 政策金利  NZ GDP 豪 雇用 ユーロ 建設支出 英 政策金利 中銀資産買取プログラム 議事要旨 米  住宅着工 建設許可 フィラデルフィア連銀製造業景      気指数 新規失業保険
9/18(金) 日 消費者物価 資金循環統計 独 生産者物価 英 小売売上 ユーロ 経常収支 米 経常収支 景気先行指標 ミシガン大学消費者態度指数

 

|

2020年9月 5日 (土)

ドル円テク「ボリバン下限から5連続陽線も106.50で抵抗される。雲中へ上昇 秋の円安へ進むか」

*ドル円テク「ボリバン下限から5連続陽線も106.50で抵抗される。雲中へ上昇 秋の円安へ進むか」

日足、ボリバン下限から5連続陽線も先週3日、4日は同じように長い上ヒゲを出し上値抵抗感を示す。106.50が一つの壁。9月2日-4日、8月28日-31日の上昇ラインがサポート。8月28日-9月4日の下降ラインが上値抵抗。5日線上向き。ボリバン中位。雲中へ上昇。
週足、一旦、ボリバン下限を下抜くもボリバン内へ戻す。7月27日週-8月31日週の上昇ラインがサポート。8月24日週-31日週の下降ラインが上値抵抗。
月足、依然、3月のレンジを抜けず。3月-7月の上昇ラインがサポート。9月は6月-7月の下降ラインを上抜いてスタート。ボリバン下限を一旦下抜くも月末にバンド内へ戻す。3月-6月の下降ラインが上値抵抗。
年足、4年連続陰線。16年-19年の上昇ラインは再び下抜く。16年-17年の下降ラインが上値抵抗。

Unchuu

|

2020年9月 1日 (火)

晩秋の円安はリパトリと輸出の剥落

「晩秋の円安はリパトリと輸出の剥落」

*確率的に秋は夏よりドル円が上りやすい(もちろん、98年のLTCMショックでの2日で
24円の円高もなどもあるが、あくまで確率)

(円安になりやすい理由)

*輸出業者は年度上半期(4-9月期にその年度の輸出予約の多くをとり、年度後半10-3月はドル売りの金額が減少する)


*一方、輸入業者は年間通じてコンスタントにドル買いを入れる。特に秋に増えるわけでもないが、輸出のドル売りの剥落があり輸入が目立つ
  一取引の金額は輸出程大きいわけでもない


*輸出業者は4月頃にその年の社内レートが決定すると、1970年代の360円から75円への円高のトラウマもあり、出来るだけ早く予約を入れがちで、夏ごろまでには
 輸出予約のメドがつくようにする。年度後半はドル売りが細っていく


*輸入業者はどの月に偏ることなく年間コスタントにドル買いを行う。その理由は輸入というものは公的なものが多い。原油、航空会社の燃料、穀物など
 恣意的に、長期の予約を入れてさらに円高が進むと、消費者に円高を還元できなくなる。消費者は円高ならば価格が安くなり、円安ならば価格が高くなるのは
 理解できるが、為替予約の失敗で、円高なのに値下げ出来ないことには不満が出る。また円安で予約し、実際は円高が進めば輸入企業の経営も圧迫する。
 経営危機に陥った有名輸入企業(航空や石油会社)もある。

*1-3月も輸出入は同じような需給だが、年度末の2、3月はリパトリ玉や買収玉、海外撤退玉も出て大きくブレやすくなる

*海外要因では晩秋になれば、12月決算の海外企業が本国へリパトリを行う。日本の外国企業はユーロ買い円売り、ドル買い円売りを行う。


(相場は投機筋が動かすと、かなりの有識者も誤解しているが、仲値の動きを含め、日々、季節によって相場のクセが出るのは、やはり相場は実需が支配している
 貿易黒字国は通貨高、赤字国は通貨安が、長期的な相場のトレンドとなる。貿易黒字なら低金利、赤字なら高金利なので、低金利国は通貨高、高金利国は通貨安となる)
 
 

*これに今年は米国大統領選挙が加わる。何が起ころうと日本の需給は変わらない
 Yenakiaji  

|

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »