« 今週の各国別注目ポイント | トップページ | 「来週の各国別注目ポイント」 »

2020年7月23日 (木)

「背中のライオンが泣いている 固定相場以下となったドル円」


「背中のライオンが泣いている 固定相場以下となったドル円」
Kotei2 

*1944年のブレトン・ウッズ協定でのドル円360円(変幅幅±1%)
*1971年のスミソニアン協定ドル円308円(変動幅±2.25%)

固定相場の許容範囲より動かなくなったドル円。

人民元の対ドルでの許容変動幅は最大で上下2%

ドル円仲値の「市場連動」も「仲値やり直し」という言葉も過去の遺物か

「背中のライオンが泣いている」  今日は上下ということばを使えば±0.05% 
でもこの安定感は世界の当局が目指していたもの
安定の大きな背景には貿易収支の均衡がある こんなに長く収支が均衡したことはない まあこういえば動いてくれるだろう
「プラザも泣いている」
Kotei1 
Kotei3 
Kotei4  

|

« 今週の各国別注目ポイント | トップページ | 「来週の各国別注目ポイント」 »