« 「来週の各国別注目ポイント」 | トップページ | 「仲値制度は存在しない」 »

2020年7月27日 (月)

米国民主党の政策綱領の原案 

民主党が事実上の公約となる政策綱領の原案を公表した。

トランプ政権が中国に強硬な政策を打ち出す中、民主党としても中国政府による知的財産権の侵害や不公正な貿易慣習などから米国の労働者を守っていく。香港の問題では、市民の民主的な権利を支持し香港の自治を脅かす中国政府の当局者に制裁を科す方針を示しているほか、多くのウイグル族が不当に拘束されている問題の解決に向けて国際社会の結束をはかり、人権や民主化などの問題で厳しい立場をとるとしている。


 一方で関税の引き上げによる貿易戦争などで中国に圧力を加える手法を批判し、気候変動や核拡散の問題では中国との協力の道を探る方針を示している。また、日本、韓国、豪との同盟関係を強化するとしているほか、世界貿易のルールづくりで中国が主導権を握ることを阻止するため、関係国と結束していく必要性を強調する。

|

« 「来週の各国別注目ポイント」 | トップページ | 「仲値制度は存在しない」 »