« 「ゴールデンウィーク休載のお知らせ」 | トップページ | コロナ野郎!! 我々はウイルスとともに生きなければならない »

2020年4月28日 (火)

「NZドル キウィーハズバンドの功 コロナ規制の緩和」

「NZドル キウィーハズバンドの功 コロナ規制の緩和」

 今夜はNHKもNZのコロナ規制の緩和を報道していました。またアーダーン首相の大胆な手腕を評価していました

今週、NZのことを書いていましたので ここにて再びアップ致します

 豪ドルほどの上昇はしていないが4月は小幅高で推移。対円、対ドルで今年初めての月足陽線となるか。1Qの消費者物価指数は前年比で2.5%上昇した。伸び率は2011年3Q以来の高水準となった。予想は前年比2.1%上昇。
 さてコロナ感染については、アーダン首相が4段階の警戒度を現在の最も重いレベルから4月27日に1段階引き下げ「レベル3」とすることを明らかにした。厳格な外出制限が奏功して感染者が減ったため。国民には引き続き在宅を呼び掛けながら、建設業や製造業など一部の経済活動の再開を認める。
 住宅規制については、NZ中銀は、新型コロナウイルス感染拡大による経済への影響を軽減するため、住宅ローンに関する規制を緩和する計画を明らかにした。住宅ローンのローン資産価値比率(LVR)規制を一時的に解除する案を示した。

(NZには『キウイハズバンド』という言葉がありますが、これは子育てや家事をよく手伝ってくれる良き夫という意味です。アーダーン首相の夫であるクラーク・ゲイフォードさんは「専業主夫」を務め首相を支えています、そういえば「OK ブーマー」で話題になった女性議員もNZでした)

Ok-boomer

Hituju-nz-tokoya    

 

 

|

« 「ゴールデンウィーク休載のお知らせ」 | トップページ | コロナ野郎!! 我々はウイルスとともに生きなければならない »