« これはユーロにいいニュース、理想? | トップページ | 数少ない年初来プラス圏市場も風前の灯火に 2018年 »

2018年11月20日 (火)

メイ英首相「いま代えれば離脱実現しないおそれ」

英首相「いま代えれば離脱実現しないおそれ」反対派をけん制
イギリスのメイ首相は、EU=ヨーロッパ連合との離脱交渉をめぐり与党議員の中から不信任の投票を求める動きが広がっていることについて「いま首相を代えれば離脱が実現しないおそれがある」と述べ、反対派の議員をけん制した。
イギリスでは、メイ首相が示したEUからの離脱協定案について批判が噴出し、与党で不信任の投票を求める動きが表面化している。
メイ首相は18日、テレビ番組に出演し、不信任の投票を求めた議員について「私が知るかぎり、必要な規定の数に達していない」と述べた。
そのうえで、「いま首相を代えたところで離脱交渉が簡単になるわけではない。交渉が遅れ、離脱が実現しないおそれがある」と警告し、反対派の議員の動きをけん制した。
さらに、メイ首相は、EUと将来の経済関係の青写真を描く「政治宣言」の交渉は今も続いていると強調し、この中にイギリスにとって有利な条件を盛り込むことで批判を封じ込めたいとの思いをにじませた。
イギリスのメディアは、態度を表明していない議員の中には週末に選挙区で支持者と相談して不信任を決める可能性がある議員もいると指摘し、この1週間がメイ政権の命運を決めると伝えています。

|

« これはユーロにいいニュース、理想? | トップページ | 数少ない年初来プラス圏市場も風前の灯火に 2018年 »

1野村雅道(2)」カテゴリの記事