« 民主党大統領候補は | トップページ | 古い悪魔が再度目覚めつつある »

2018年11月12日 (月)

産油国 原油価格の高値維持で減産も 米イラン制裁受け会合

産油国 原油価格の高値維持で減産も 米イラン制裁受け会合
サウジアラビアやロシアなど主な産油国による会合は、11日に中東のUAE=アラブ首長国連邦で開かれた。
イラン産原油を対象にしたアメリカの経済制裁が発動されたのを受けた会合で、主な産油国は、これまでの増産によって来年には原油が余るという認識で一致した。需要の状況次第では減産もありうるとしていて、原油価格を高値で維持しようという姿勢を強めている。
原油価格は、産油国の増産もあってこの1か月で20%以上、下落していて、歳入を原油に頼る産油国にとっては、これ以上の値下がりは避けたいという事情がある。

|

« 民主党大統領候補は | トップページ | 古い悪魔が再度目覚めつつある »

1野村雅道(2)」カテゴリの記事