« 米国が今後2年間にリセッションに陥る可能性は50%よりも高い | トップページ | ディーラーよ、外に出よ »

2018年10月19日 (金)

政府も儲かっているなら消費税やめれば。ややこしい。官民一体感なし

オリンピック開催したり 賃上げするなら 消費税はむしろ廃止がつじつまがあう
 
母屋ですき焼き 離れ(国民)で牛丼

(読売)

経済産業、財務両省は、2019年10月の消費税率10%への引き上げに伴う経済対策として、現金を使わないキャッシュレス決済を利用した際の2%のポイント還元策について、税率を8%のまま据え置く軽減税率が適用される飲食料品も含め、原則全ての商品・サービスを対象とする方向で検討に入った。

 対象となる店舗は原則、小売店のほか、飲食店や宿泊業など、消費者向けのビジネスを展開する全ての中小事業者とする案が浮上している。ポイント還元の対象範囲を広げることで、増税後の消費者や中小事業者の負担を和らげ、景気の腰折れを防ぐ狙いがある。キャッシュレス決済の普及拡大も目指す考えだ。

 政府は、増税のショックを和らげる対策を巡り、クレジットカードなどのキャッシュレス決済をした消費者に、増税分と同じ2%のポイントをカード会社などを通じて付与し、次回以降の買い物で使える仕組みづくりを進めている。

|

« 米国が今後2年間にリセッションに陥る可能性は50%よりも高い | トップページ | ディーラーよ、外に出よ »

1野村雅道(2)」カテゴリの記事