« 株式手数料落ち込む 証券会社 | トップページ | NYダウの月足、4か月ぶり陰線 »

2018年10月31日 (水)

ノルウェー政府系ファンド、対中国投資の拡大は必然

「ノルウェー政府系ファンド、対中国投資の拡大は必然」
ノルウェーの政府系ファンド(SWF)である政府年金基金のスリングスタッド最高経営責任者(CEO)は、他の主要ファンドと同様に中国への投資を拡大するのは必然的な流れだが、増額には10年を要する可能性があると明らかにした。  同ファンドは世界最大のSWFで9000社以上の株を保有し、世界中の上場株の約1.4%を持つ。 ただ、スリングスタッド氏は、中国への投資額は250億ドル程度と「極端に小さい」と説明。

|

« 株式手数料落ち込む 証券会社 | トップページ | NYダウの月足、4か月ぶり陰線 »

1野村雅道(2)」カテゴリの記事