« 消費税のためにコンビニからイートインがなくなる? | トップページ | バリでの米中為替対決は »

2018年10月 9日 (火)

米中摩擦さらにエスカレート

ポンペオ米国務長官、中国と「根本的な意見の相違」
ポンペオ米国務長官は8日、北京で中国の王毅外相と辛らつな言葉のやり取りを交わし、「根本的な意見の相違」があると表明した。米中の緊張激化があらためて浮き彫りになった。
王外相は、貿易摩擦をエスカレートさせ台湾問題や内政に介入しているのは米国だと非難。「こうした行動は相互信頼を傷つけ、中国と米国の関係に影を落としている。両国国民の利益に全くそぐわない」と語った。
 これに対し、ポンペオ氏は「王氏が挙げた問題について、米国側の見解は根本的に異なる」と説明。「中国がとってきた行動を米国は深く憂慮している。米中関係は極めて重要なため、それぞれの問題について議論する機会が得られることを楽しみにしている」と続けた。
  ポンペオ氏が6月に中国を訪問した際には習近平国家主席と会談したが、今回は中国が米国に対する不満を公にする形で、両者の会談は予定されていない。

|

« 消費税のためにコンビニからイートインがなくなる? | トップページ | バリでの米中為替対決は »

1野村雅道(2)」カテゴリの記事