« EU離脱と携帯電話 | トップページ | 英FTは冷静に上昇 »

2018年9月22日 (土)

石井裕也投手 ご苦労様

日本ハムは22日、石井裕也投手(37)が今季限りで引退することを発表した。

 石井裕は横浜商工高から三菱重工横浜に進み、2004年にドラフト6位で指名された。先天性難聴であり、左耳は全く聞こえず、右耳も補聴器でかすかに聴こえる程度である。ハンディキャップがありながら三振を奪っていく投球から「サイレントK」と呼ばれている。

 石井裕は球団を通じて「14年間、プロ野球選手として続けてこられた事にとても感謝しております。最初に入団した中日ドラゴンズでは、落合博満監督をはじめ森繁和コーチや、その他たくさんの方々に厳しい練習の中で、強い精神力や忍耐力を教わりました。その後ベイスターズを経て、ファイターズに来てからは、まず何と言ってもファンの皆様の温かさに感激しました。皆様の応援は本当にいつも僕の力になっていました。そして、栗山英樹監督には、厳しい場面でも、信頼して使ってもらった事に感謝しています。たくさんの仲間に恵まれて、ファイターズの選手でいられてとても幸せでした。14年間、本当にありがとうございました」とコメントを寄せた。

 スポニチ

|

« EU離脱と携帯電話 | トップページ | 英FTは冷静に上昇 »

1野村雅道(2)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« EU離脱と携帯電話 | トップページ | 英FTは冷静に上昇 »