« 国民投票再び? 英国労働党の主張 | トップページ | 英のEU離脱関連、また閣僚辞任? »

2018年9月24日 (月)

日本と米国が新たに2国間の貿易協議を始める

日本と米国が新たに2国間の貿易協議を始める見通しとなった。農産品や自動車を含めた関税分野の協議も念頭に置く。日米の市場開放を進め、両国経済の発展を促進することで一致する方向だ。日本政府は、トランプ米政権が検討する輸入自動車への関税の回避を条件に新2国間協議を始めたい考えで、日米は大詰めの調整を進める。
 茂木経済再生相はライトハイザー米通商代表部(USTR)代表と24日(米国時間)、米ニューヨークで第2回の貿易協議(FFR)を開き、こうした方針を提案する。この場で大枠を固めた上で、安倍首相とトランプ米大統領が26日に開く会談で正式に合意することを想定している。
 首脳会談後に共同声明を出し、新2国間協議の開始を確認する予定だ。日本政府は、米国が環太平洋経済連携協定(TPP)に戻ることが望ましいとの立場を堅持する。その上で、新2国間協議は、TPPに呼び戻す建設的な協議の場とも位置づける。
読売新聞

|

« 国民投票再び? 英国労働党の主張 | トップページ | 英のEU離脱関連、また閣僚辞任? »

1野村雅道(2)」カテゴリの記事