« デフォルト=終わりは誤り?債券と為替の関係とリスク | トップページ | 朝日生命どうにかしてほしい »

2018年9月 7日 (金)

ウィリアムズNY連銀総裁とエバンズ・シカゴ連銀総裁

「ウィリアムズNY連銀総裁とエバンズ・シカゴ連銀総裁」
*ウィリアムズNY連銀総裁=米経済は「極めて好調」な状況にあり、段階的に利上げを継続していくことが可能との見解を示した。主要責務の観点から、インフレ動向および労働情勢は「最高」の状況にある。
* エバンズ・シカゴ連銀総裁=持続可能な成長軌道を維持し、インフレ率を目標近辺にとどめるため、中立金利を小幅に上回る水準まで金利を引き上げることが必要となる公算が大きい
また、貿易を巡る不透明性やインフレ期待失速などの下振れリスクを踏まえ、政策の道筋がより緩やかになる可能性もある。(投票権なし)

|

« デフォルト=終わりは誤り?債券と為替の関係とリスク | トップページ | 朝日生命どうにかしてほしい »

1野村雅道(2)」カテゴリの記事