« 米国の移民が過去最低へ | トップページ | 対中制裁でGDPマイナス 米0.15% 中国0.14% 試算 »

2018年9月19日 (水)

全国の地価平均 上昇に転じる バブル以来27年ぶり

全国の地価平均 上昇に転じる バブル以来27年ぶり
ことしの都道府県地価調査が公表され、住宅地、商業地、工業地などを合わせた土地の価格の平均が0.1%値上がりし、27年ぶりに上昇に転じました。全体の4割の都道府県で商業地が上昇するなど、地価の上昇が大都市から地方にも広がる形となっった。
今回は、住宅地、商業地、工業地などを合わせた土地の価格の平均が去年に比べてプラス0.1%と、バブル期の平成3年以来27年ぶりに上昇に転じた。
用途別。
▼「商業地」
全国平均でプラス111%と2年連続で上昇し、伸び率も拡大。
▽東京、大阪、名古屋の「三大都市圏」は平均でプラス4.2%
▽札幌、仙台、広島、福岡の4つの市は平均でプラス9.2%
の上昇。
そのほかの地方は平均でマイナス0.6%と下落したものの、下落率は縮小。
都道府県別にみると、北海道や富山県が上昇に転じ、全体の4割に当たる19の都道府県で値上がりするなど、地価の上昇が大都市から地方にも広がる形となっている。
これは外国人旅行者の増加を背景にホテルや店舗向けの土地の需要が高まっていることに加え、景気回復でオフィスビル向けの需要も根強くなっているため。
▼「工業地」
ネット通販の普及を背景に大型の物流施設向けの需要がけん引し、全国平均でプラス0.5%と、27年ぶりの上昇となった。
▼「住宅地」
全国平均でマイナス0.3%と27年連続の下落となったが、下落率は9年連続で縮小。
ただ都市部では「住宅地」の地価の上昇が続いていて
▽「三大都市圏」は平均でプラス0.7%
▽札幌、仙台、広島、福岡の4市は平均でプラス3.9%
そのほかの地方は平均でマイナス0.9%と下落したものの、下落率は縮小。

|

« 米国の移民が過去最低へ | トップページ | 対中制裁でGDPマイナス 米0.15% 中国0.14% 試算 »

1野村雅道(2)」カテゴリの記事