« 米経済にスタグフレーションのリスク | トップページ | 為替手数料の不正疑惑 »

2018年9月 7日 (金)

トランプさんのドル高懸念のネタはIMF  朝の動画

2018年7月25日 (水)

トランプさんのドル高懸念のネタはIMF  朝の動画

「トランプさんのドル高懸念のネタはIMF、円は貿易収支通り、夏相場は、日銀は バサロ」
7月25日投稿分
*朝の動画(外為どっとコム社をご参照ください(https://navi.gaitame.com/video/)
*トランプ大統領の元ネタはIMF
*2015年頃はベージュブックにドル高懸念について多く記載されたのはドル円が125円、ユーロドルが1.05あたりであった
*2018年7月下旬では、トランプ大統領は、ユーロと人民元の通貨安に言及
 ユーロドルは1.15、人民元の6.8を意識したのだろう。ドル円は113か
ただベージュブックではまだドル高懸念については触れられていない
***
昨日はIMFの以下のリポートが公表された(トランプ大統領が円に言及しなかったのはここからか」
「IMF」
ドルが過大評価される一方、人民元は基礎的条件に沿っているとの認識を示した。


*世界の経常収支の約半分が過剰で、成長リスクや貿易摩擦に拍車をかけているとも指摘。経常赤字・黒字が先進国により集中していると分析した。 中国の経常黒字は昨年やや増えて、国内総生産(GDP)比1.7%に達したとみられ、過剰収支国の1つと指摘した。ドイツや韓国、オランダ、スウェーデン、シンガポールなども過剰黒字国とした。

*一方、米国や英国、トルコ、アルゼンチンなどは過剰赤字国とした 。

*ドルについては、中期の基礎的条件が正当化する水準と比べ8─16%過大評価されたとの推計を示した。

*円は中期の基礎的条件におおむね一致するとした。

ロイター

|

« 米経済にスタグフレーションのリスク | トップページ | 為替手数料の不正疑惑 »

1野村雅道(2)」カテゴリの記事