« 前途多難のオーストラリア新政権。干ばつと地球温暖化対策 | トップページ | ドイツ安堵 »

2018年8月28日 (火)

北京ダック乱舞

「北京ダック乱舞」
Pek1
中華街のブーム浸透は速い。10年前は「食べるラー油」、5年前は「焼き小籠包」、最近は高級食材の北京ダックを格安で食べ放題させる店が2年ほど前に登場すると、同様の形態の店から、立ち食い店も参入。さらに高級店も価格を下げ始めた。昔は5000円から8000円以上のコースに一人1,2枚が付く程度であったが最近は大衆化。北京ダック三昧も可能になった
Pek2
Pek3
Pek4
Pek5
Pek6

|

« 前途多難のオーストラリア新政権。干ばつと地球温暖化対策 | トップページ | ドイツ安堵 »

1野村雅道(2)」カテゴリの記事