« 脂っこい対決、仲がいいかもしれない | トップページ | 今日の外交と米主要企業決算 »

2018年7月12日 (木)

ムーディーズの南ア評価

「ムーディーズの南ア評価」
*ムーディーズは唯一 南アを投資適格としている(他者はジャンク格付け)
*ムーディーズは7月3日のリポートで、先行きは厳しくなる可能性があると警告。「対外的な条件が厳格化することで、対外ファイナンスの供給とコストの両面を通じて、また 仮に通貨の下押し圧力によって南ア中銀が政策金利を大幅に引き上げる事態となれば、政府の債務コストが全般的に影響を受けることがあり得る」と分析した。
* またムーディーズは、非居住者による政府債保有比率の上昇に関連するリスクについても指摘。ポートフォリオの急激な流出が利払いコストの増加という結果をもたらし、それによって財政の柔軟性が損なわれるとした。(実際1Qは非居住者の債券売りが出ていた)

|

« 脂っこい対決、仲がいいかもしれない | トップページ | 今日の外交と米主要企業決算 »

1野村雅道(2)」カテゴリの記事