« ラテン楽天。イタリア国債利回りが急上昇、ギリシャか エビータか | トップページ | 家族、アメリカ人の考える豊かさ »

2018年5月17日 (木)

ドコモ投信

NHK

NTTドコモは、自社で運営するポイントを利用者が投資に利用できる新たなサービスを始めました。国内の携帯電話の市場が頭打ちになる中、ポイントの使いみちを広げ利用者の囲い込みにつなげたい狙いです。

新たなサービスは、NTTドコモが携帯電話の料金の支払いなどに応じて利用者に付与している「dポイント」を投資に活用するものです。

リスクや期待できる利回りが異なる2つのコースが用意されていて、ポイントは投資信託に連動して自動的に運用され、アプリ上で24時間いつでも運用状況を確認したり、ポイントを引き出したりすることができるということです。

(昔、ドコモがFXを始めると思っていたが)運用は「お金のデザイン」

|

« ラテン楽天。イタリア国債利回りが急上昇、ギリシャか エビータか | トップページ | 家族、アメリカ人の考える豊かさ »

1野村雅道(2)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ラテン楽天。イタリア国債利回りが急上昇、ギリシャか エビータか | トップページ | 家族、アメリカ人の考える豊かさ »