« 介入にも 「そんたく」があった | トップページ | 相関関係はそう簡単ではない 動画 »

2018年5月18日 (金)

わがまま論争 誰がわがままなのか

トランプ米大統領は17日、ワシントンで米中通商協議が始まる中、中国などが貿易を巡り「わがまま」になったとの認識を示した。

トランプ大統領は記者団に対し「中国は貿易について非常にわがままになった。欧州連合(EU)も同様だ」とし、米中通商協議が自分の満足のいく結果を生むことに否定的な見方を示した。

さらに「諸外国はこれまで米国に対する要求が100%通ってきたことから、すっかりわがままになった。米国はこれ以上こうした状況を容認することはできない」と語った。

また、米国が長年にわたり貿易面で中国に「食い物にされてきた」とした上で、米国から搾取した巨額の資金が自国の再建に投じられていると批判し、「このような状況は今後継続しない」と言明した。 ロイター

|

« 介入にも 「そんたく」があった | トップページ | 相関関係はそう簡単ではない 動画 »

1野村雅道(2)」カテゴリの記事