« 横浜市チャーハン選手権(40店舗がエントリー、中華街からも、私も少し回ってみます) | トップページ | 5月12日が米のイランとの核合意からの離脱期限 »

2018年5月 4日 (金)

ピンポン外交再び、乒乓外交

「ピンポン外交再び、乒乓外交」
ピンポン外交とは、1971年(昭和46年)に日本の愛知県名古屋市で行われた第31回世界卓球選手権に、中華人民共和国が6年ぶりに出場し、大会終了後に中国がアメリカ合衆国など欧米の卓球選手を自国に招待したことを嚆矢とする米中間を中心とした一連の外交をいう。これにより1949年10月1日の中華人民共和国建国以来険悪だった米中関係の緊張緩和が実現、同年7月にヘンリー・キッシンジャー大統領補佐官が極秘に訪中、1972年2月には、リチャード・ニクソン大統領の訪中につながった。また日中国交正常化にもつながった。
**
スウェーデンのハルムスタードで開かれている卓球の世界団体選手権で、3日の女子準々決勝での対戦が決まっていた韓国と北朝鮮が試合を行わず、南北合同チーム「コリア」を結成して共に準決勝に進むことになった。国際卓球連盟(ITTF)が3日発表した。4日の準決勝で、日本と対戦する。

|

« 横浜市チャーハン選手権(40店舗がエントリー、中華街からも、私も少し回ってみます) | トップページ | 5月12日が米のイランとの核合意からの離脱期限 »

1野村雅道(2)」カテゴリの記事