« ボアオ | トップページ | これが日米貿易戦争だった »

2018年4月 4日 (水)

SOFR

ニューヨーク連銀はにもロンドン銀行間取引金利(LIBOR)の代替指標になり得る担保付翌日物調達金利(SOFR)の公表を開始する。

規制当局はLIBORの公表が停止した場合、システミック・リスクを引き起こすと指摘しており、SOFRの公表開始は数年にわたるLIBORからの切り替え計画の第一歩となる。

SOFRは米国債のオーバーナイトでの現先取引市場に基づいており、日々の出来高は約8000億ドル規模。

ただLIBORからの切り替えは複雑で段階的になると予想されている。

問題の1つとして、LIBORのように1カ月や3カ月などターム・ローン市場が存在しないことがある。

|

« ボアオ | トップページ | これが日米貿易戦争だった »

1野村雅道(2)」カテゴリの記事