« 米国がNAFTA交渉で条件緩和 | トップページ | 米為替報告書 日中への意見は? »

2018年4月16日 (月)

ミシガン大消費者信頼感指数が大幅悪化

4月ミシガン大消費者信頼感指数97.8と、前月から3.6
ポイント低下し、2016年10月以来の大幅な下げとなった。

予想の100.5も下回り、1月以来の低水準となった。

金利先高観や成長減速見通しも消費者心理に影を落としているものの、トランプ大統領の通商政策による経済への影響を巡る不透明性が、消費者信頼感低下の主因であった。


|

« 米国がNAFTA交渉で条件緩和 | トップページ | 米為替報告書 日中への意見は? »

1野村雅道(2)」カテゴリの記事