« 3月貿易統計は黒字スタート 上旬 | トップページ | 開幕を待つ、チューリップに桜 »

2018年3月30日 (金)

もし自分が大手自動車のFX担当者なら

1年間の輸出に関しての社内レート(対ドルやユーロ=営業部門への保証レート)をどう決定して
どうカバーしていくか

*2018年度は100円にするか95円か、いや105円か、85円にすると営業から非難されるだろう 110円にすると神様と言われるかも

*やはり歴史的に円高の日本では早めに予約(カバー)するのが原則なのでドル売りは上半期に出やすい

*もっとも 円安という強い相場観があれば まったくドル売り予約を取らずに年度末のまで待っても良いが
 サラリーマンディーラーではそれほどのリスクはとれないだろう

(輸入業者の立場でも考えると面白い)

*また生保やGPIFの機関投資家ならどうするか ヘッジはどうするか

*外貨準備はほったらかしの買いっぱなしなので楽だ

|

« 3月貿易統計は黒字スタート 上旬 | トップページ | 開幕を待つ、チューリップに桜 »

1野村雅道(2)」カテゴリの記事