« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月30日 (金)

イタリア経済首脳は利下げ、介入、景気対策期待

「イタリア経済首脳は利下げ、介入、景気対策期待」

*イタリアの2大銀行、インテサ・サンパオロ 、 とウニクレディト首脳は29日、ECBが次回の理事会で利下げ、資産買い入れプログラムを開始を行うほか、別の景気支援策も打ち出すとの見通しを示した。

貸し出しを行うことを条件に銀行に資金供給する制度を立ち上げることを望む、とも述べた。

*イタリア主要経営者団体のコンフィンドゥストリア(イタリア産業総連盟)のスクインジ代表は年次総会で、リセッションやデフレを回避するため、ECBは介入すべきとの見方を示した。

(ロイター)

|

月末投信、商品は揃っているが、個人は

「月末投信、商品は揃っているが、個人は」

 どうでるか、まだ夏のボーナスは入金されていないだろう

大和住銀投信投資顧問 世界優先証券ファンド  日興AM 米国バンクローンファンド、アムンディ・ジャパン 世界金融ハイブリッド証券   三井住友AM ピムコ・ストラテジック・インカム、明治安田AM  米国リート・インカム・プレミアム・F パインブリッジインベストメンツ  日本金融機関ハイブリッド証券F  大和住銀投信投資顧問 短期米ドル社債オープン  三菱UFJ投信 三菱UFJ DCバランス・イノベーション  日興AM インデックスファンド欧州リート T&Dアセットマネジメント ハ     イブリッド証券 大和投信  英国高配当株ファンド・マネー

|

昨日の豪ドル上昇の背景、今年は総じて強いが、特に対NZドル

「昨日の豪ドル上昇の背景、今年は総じて強いが、特に対NZドル」

*非鉱山業への投資計画が3カ月前と比べて12%上昇したこと

Official figures released on Thursday showed that investment intentions for 2014/15 in the non-mining sectors of the economy are 12 per cent higher than three months ago.(SMH)

|

2014年5月29日 (木)

その弱いポンドよりさらに1日早く下げた南アランド、そして

「その弱いポンドよりさらに1日早く下げた南アランド、そして」

*昨日は下げ止まった

Ws000003

|

その弱いユーロより、今週はポンドが1日早く下げた

その弱いユーロより、今週はポンドが1日早く下げた

*小さな団子天井と上昇ラインの1日早い下抜きで

Ws000002

|

ドラギ総裁でこれだけ下げた、5月8日以来、残り1週間

「ドラギ総裁でこれだけ下げた、5月8日以来、残り1週間」

*5月8日の「何でもやる」発言以来下げている、ただギリシャ危機の時の「何でもやる」ではユーロ円は100円から140円へ急騰、この人には順張り。ただ6月5日で結果が出れば、様子見 あるいは逆張り

*ユーロドル

 

Ws000000




*ユーロ円

Ws000001

|

2014年5月28日 (水)

NZ二つの弱い材料

「NZ二つの弱い材料」

①5月NBNZ企業信頼感

前回:64.8 結果:53.5

② 乳製品価格下落中
Milk528

|

ECB メルシュ理事が日銀で講演

1400 メルシュECB専務理事が日銀の会合で講演 -

「2014年国際コンファランス・金融危機後の金融政策」

|

ドル円 テクニカル

「ドル円 テクニカル」

Ycc528




5月15日-16日の下降ラインを上抜いて、下げの速度が衰え、5月19日に続き、21日も下ヒゲを出し、5月14日-15日の下降ラインを上抜いた。ただ5月21日-22日の上昇ラインは下抜く。上値抵抗は一目の雲の下限やボリバン上限あたり。4月4日-5月2日の下降ラインも上値抵抗となる。5日線は5月22日に上向きへ。ボリバン下限から中位へ。

週足は4月28日週と5月12日週の上ヒゲで下げたが先週は一転下ヒゲを残した。3月31日週-4月28日週の下降ラインが上値抵抗だが今接している。週のボリバン下限にワンタッチして戻している。月足は昨年10月-11月の上昇ラインを下抜いている。年足は07年-08年の下降ラインを上抜け、12年-13年の上昇ラインに沿っているが、今年はここまで陰線。

|

2014年5月27日 (火)

ネネでランドやや下げた

「ネネでランドやや下げた」

南ア・ズマ大統領は、ゴーダン前財務相の後任にネネ財務副大臣を財務相に昇格。

ネネ氏は、有能なテクノクラートと受け止められ専門的な能力には疑問の余地がないが、ゴーダン前財務相に比べて政治力を欠き、財務省が2009年以来進めてきた財政赤字の削減努力が損なわれるとの見方もあり昨日はランドが少し売られた


(「ねーね」はやはり「ゴーダン」より響きが弱いか)

Sa527nene

|

イタリア株急騰、金利急低下、EU議会選挙イタリアの場合

「イタリア株急騰、金利急低下、EU議会選挙イタリアの場合」

*イタリアではレンツィ首相の中道左派「民主党」が票を伸ばし、首相が推進する経済・構造改革が支持された形となったことで、株価が大きく上昇した。
   イタリア国債利回りも大幅低下。  民主党の得票率は第2位の政党「五つ星運動」を大きく上回った。接戦となればレンツィ首相の迅速な改革実行が
  阻害される懸念もあったが、市場では買い安心感が広がった。

|

豪ドル円 テクニカル

「豪ドル円 テクニカル」


5月20日-21日の下降ラインを上抜いて、21日の下ヒゲが起点となって上昇。
ただ21日-22日の上昇ラインは下抜いて上昇速度を弱める。5月14日-15日の下降ラインも上抜く。雲中のまま。5日線は下向いていたが、本日上向くことができるか。ボリバンではまだ下位。短い陽線が続けば上昇も。週足は2月3日週-3月3日週の上昇ラインを下抜く。上値抵抗は5月12日週-19日週と3月31日週-4月21日週の下降ライン。月足は2月-3月の上昇ライン上にあるが下げて近づいている。年足は2009年-12年の上昇ラインが生きている。

Ay527cc

|

2014年5月26日 (月)

トルコ、格付け会社は評価せずとも、底堅い

「トルコ、格付け会社は評価せずとも、底堅い」

*トルコ=フィッチ=トルコ中央銀行がインフレ率の上昇にも関わらず主要政策金利を引き下げたことは、中銀の信頼性を傷つける可能性があり、政策の転換が経済のリバランスを阻害するリスクを浮き彫りにした。フィッチはトルコに投資適格級で最も低い「BBBマイナス」を付与

*トルコ=S&P=トルコのソブリン格付けを「BBプラス」に据え置き、輸出の伸びが改善する中、徐々にリバランスが進んでいるとした。 見通しは引き続きネガティブ

Tur526cc

|

南アランド円 テクニカル

「南アランド円 テクニカル」

*比較的堅調。5月15日-16日の下降ラインを上抜いている。先週後半は3連続陽線で、5月21日-22日の上昇ラインを形成しボリバン上位まで近くなっている。5日線は上向き。
週足は2月3日週-4月28日週の上昇ラインが支え。先週は下ヒゲが長い。週のボリバンの上位で推移。
月足は昨年5月-今年1月の下降ラインを上抜いたが、今年2月-3月の上昇ラインを下抜いている。年足は06年-08年の下降ラインを上抜いている

Z526cc

|

ユーロ円テクニカル

「ユーロ円テクニカル」

5月8日-13日の下降ラインを5月20日にようやく上抜き、下降速度を弱める。5月21日に下ヒゲを出し小反発。ただまだ上昇ラインができるほどではない。ボリバン下限近く、雲の下で推移。小反発もユーロの力でなくドル円の上昇によるもの。5日線 依然下向き。週足は5月5日週-12日週の下降ラインに沿うが、これを上抜ける可能性は出ている。週のボリバン下限からは反発している。月足は2月-3月の上昇ラインを下抜く。年足は08年-10年の下降ラインを上抜け、12年-13年の上昇ラインに沿う。
 

Eu527cc

|

2014年5月25日 (日)

ユーロドル テクニカル

「ユーロドル テクニカル」

*ユーロドル=5月8日の上ヒゲ以来弱い。6月のECBまではこの基調が続くのだろう。一旦5月15日に5月8日-13日の下降ラインを上抜いて、下ヒゲを出して下げ止まったが、先週後半は再び下落、4連続陰線。5月21日-22日の下降ラインに沿う。5日線下向きのまま、拡大しつつあるボリバン下限に沿って推移。週足は5月5日週の長い上ヒゲで一気にボリバン上限から下位へ下落。下限は1.35前半。月足はボリバン上限から小反落。13年7月-14年2月の上昇ライン、13年9月-14年2月の上昇ラインを下抜く。12年7月-13年7月の上昇ラインがサ

ポート。年足は12年-13年の上昇ラインに沿っているが、そのラインまで下落してきている。

Eud525

|

ドル円 テクニカル

「ドル円 テクニカル」

*5月15日-16日の下降ラインを上抜いて、下げの速度が衰え、5月19日に続き、21日も下ヒゲを出し、5月14日-15日の下降ラインを上抜いて、5月21日-22日の上昇ラインに乗って上昇中。上値抵抗は一目の雲の下限やボリバン上限あたり。4月4日-5月2日の下降ラインも上値抵抗となる。5日線は5月22日に上向きへボリバン下限からようやく離れる。週足は4月28日週と5月12日週の上ヒゲで下げたが先週は一転下ヒゲを残した。3月31日週-4月28日週の下降ラインが上値抵抗。週のボリバン下限にワンタッチして戻している。月足は昨年10月-11月の上昇ラインを下抜いている。年足は07年-08年の下降ラインを上抜け、12年-13年の上昇ラインに沿っているが、今年はここまで陰線。

Y525c

|

最近の人民元円相

「最近の人民元円相場」

Rmy524

|

伊豆事件簿

「伊豆事件簿」

Arikui

5月23日午前11時ごろ、東伊豆町稲取の動物園「伊豆アニマルキングダム」内で、飼育中のミナミコアリクイ3頭のうち1頭=「みなみちゃん」がいなくなっているのに職員が気が付いた。園内などを捜したが見つからず、24日朝に近くの交番に届けた。「みなみちゃん」は雌で5歳。体長約80センチ、体重約9キロ。「臆病な性格なので、急に近づいたりしなければ、人に危害を加える可能性は低い」らしく、下田署は行方を捜している。(ただサル、シカ、いのしし、リスは町で見かけるが。交番もたいへん、私も探しに行ってきます)

|

2014年5月24日 (土)

ああ、タイよ

「ああ、タイよ」

Aka1

Aka2

Aka3

Ayu1

Ayu3

|

下田猫@ペリーロード

「下田猫@ペリーロード」

  Pericat1_3  

pericat2.JPG

Pericat3

|

2014年5月23日 (金)

トルコリラは金利引き下げで通貨は上昇

「トルコリラは金利引き下げで通貨は上昇」

*鉱山事故で売られていたが、政策金利を10%から9.5%へ引き下げたことを

好感され上昇

*この程度の高金利は経済が正しい方向へ向かうことで通貨が買われる

Tur523

|

2014年5月22日 (木)

GPIF、年金運用こうならないように

「GPIF、年金運用こうならないように」

*回収だけで新規資金配分が行われなかった時代

 運用よりも政府の株価対策が重要。

Gpif606

|

生きが違いますね、ユーロとポンド

「生きが違いますね、ユーロとポンド」

*昨日も書きましたが、ポンドとユーロの動きには差がありますね

Ws000002

Ws000001

|

新年度からここまでNZドル売りのヘッジが最も効率的

「新年度からここまでNZドル売りのヘッジが最も効率的」

 *ヘッジで儲けても仕方がないが、まずまず。昨年は豪ドルでヘッジ。

  日銀、GPIFが何もしなければ夏に買い戻ししたい。利益確定の損切り買いをいれて。

*新年度の円高も小幅ながら完璧に進んでいる(詳細はID為替リポートで)

                                                                                                                                   
  2014 年2014 年  
  3月31日5月21日
1位    
2位ランド円9.789.76-0.02 -0.20
3位ポンド円172171.37-0.63 -0.37
4位カナダ円93.3892.9-0.48 -0.51
5位ドル円103.22101.41-1.81 -1.75
6位豪ドル円95.6693.75-1.91 -2.00
7位ユーロ円142.15138.78-3.37 -2.37
8位スイス円116.71113.52-3.19 -2.73
9位NZドル円89.5686.94-2.62 -2.93

|

2014年5月21日 (水)

NZ売りヘッジ継続

「NZ売りヘッジ継続」  

短期も長期もやっているが、長期ロングや保有債券のヘッジとして 4月初旬に89.20あたりで売っている。  殆ど戻さないし、GPIFのサプライズもないだろうから、真夏まで維持 *利益確定的 損切りは88.50に置きたい

|

ユーロもポンドも対ドルで下げ止まってきた、特にポンド

「ユーロもポンドも対ドルで下げ止まってきた、特にポンド」

*ユーロドル

Ws000002

*ポンドドル

Ws000003

|

ユーロ円テクニカル

「ユーロ円テクニカル」

Ws000000

*5月9日-13日の下降ラインを上抜き、19日の下ヒゲで一旦上昇するも陰線に終わる。ただ下降ラインを上抜いたので急激な下げは一服 *ボリバン下限を下抜くとバンド内への戻しの買いも出てくる。5日線下向き。週足はまだ5月5日週-12日週の下降ラインが上値抵抗となっている。月足は2月-3月の上昇ラインを下抜いている。年足は陰線だが、12年-13年の上昇ラインは維持。

|

2014年5月20日 (火)

ふるさと納税は美味しいのだろうか?

 
 
「ふるさと納税は美味しいのだろうか?」

ふるさと納税は美味しそうだ。我が東伊豆町はやっていないが、南伊豆町はメロンや伊勢海老があるのでやってみたい。全国ではお肉が多いのだろうか。

furu1.JPG

furu2.jpg

| | コメント (0)

豪ドル円 テクニカル

「豪ドル円 テクニカル」

55日の下ヒゲで上昇、55-7日の上昇ラインに沿ってボリバン天井まで上がったが上昇ラインを下抜いて下落中。514-15日の下降ラインに沿う。一目の雲の中に下落。5日線下向き。ボリバン下位。週足は421日週-28日週の下降ラインを上抜いているが55日週-12日週の上昇ラインを下抜く。23日週-33日週の上昇ラインも下抜く。上値抵抗は331日週-421日週の下降ライン。月足は2-3月の上昇ライン上にある。年足は2009-12年の上昇ラインが生きている。

Ws000003 

 

 

 

|

ユーロ円テクニカル

「ユーロ円テクニカル」

*下ヒゲを残し、5月8日ー13日の下降ラインを上抜き上昇

*138.70の損切りを執行してから上昇

Ws000001

|

朝のドル円テクニカル

「朝のドル円テクニカル」

*昨日は下ヒゲで巻き戻す(損切り売りはある程度消化)

*5月14日ー15日の下降ラインを上抜け(ゴトビでもある)

*5月2日ー13日の下降ラインが上値抵抗、101.80-90あたり

Ws000000

|

2014年5月19日 (月)

トルコリラ円、鉱山事故で小反落、2007年には99円、今48円

「トルコリラ円、鉱山事故で小反落、2007年には99円、今48円」

 

*日足

Ws000002

*月足

Ws000003

|

ランド円テクニカル

「ランド円テクニカル」

Ws000001

 

52-5日の下降ラインを上抜き57-8日の上昇ラインに沿っていたが、先週後半下抜いた。ボリバン上限から中位へ下落。先週金曜は短い陽線を残す。220-320日の上昇ライン、320-28日の上昇ラインが支える。週足は23日週-428日週の上昇ラインが支え。

月足は昨年5-今年1月の下降ラインを上抜いたが、今年2-3月の上昇ラインを下抜いている。年足は06-08年の下降ラインを上抜いている

|

豪ドル円テクニカル

「豪ドル円テクニカル」

Ws000000

55日の下ヒゲで上昇、55-7日の上昇ラインに沿ってボリバン天井まで上がったが上昇ラインを下抜いて下落中。514-15日の下降ラインに沿う。一目の雲の上限。5日線下向き。ボリバン下位。週足は421日週-28日週の下降ラインを上抜いている。23日週-33日週の上昇ラインが支持。上値抵抗は331日週-421日週の下降ライン。月足は2-3月の上昇ライン上にある。年足は2009-12年の上昇ラインが生きている。

 

|

2014年5月18日 (日)

豪ドル、昨年来の下げに逆襲始まる、対NZドル

「豪ドル、昨年来の下げに逆襲始まる、対NZドル」

Ws000007

|

ユーロ円テクニカル

「ユーロ円テクニカル」

Ws000006

*ユーロ円=4連続陰線。5月8日-13日の下降ライン内にある。ここを越えないと上昇出来ない。ボリバン下限、5日線下向き。雲の下。週足は2月3日週-4月7日週の上昇ラインを下抜いた。3月31日週の長い上ヒゲは効いている。4月14日週-28日週の上昇ラインも下抜く。月足は2月-3月の上昇ラインを下抜く。年足は08年-10年の下降ラインを上抜け、12年-13年の上昇ラインに沿う。

|

ユーロドルテクニカル

「ユーロドルテクニカル」

Ws000005

*ユーロドル=5月8のボリバン上限を大きく越えた長い上ヒゲもボリバン下限に達し、5月15日には長い下ヒゲを出し下げ止まった。まだ先週金曜は陰線だったこともあり反発力はない。6月のECB理事会までECB当局の発言で多少の上下はあろう。5日線は下向き。週足は5月5日週の長いヒゲ付きの陰線で先週も陰線。2月3日週-3月31日週の上昇ラインを下抜いている。まだ週のボリバンの中位あたりなので下げ余地はある。月足はボリバン上限から小反落。13年7月-14年2月、13年9月-14年2月の上昇ラインを維持できるか。12年7月-13年7月の上昇ラインがサポート。年足は12年-13年の上昇ラインに沿っているが、そのラインまで下落してきている。

|

2014年5月17日 (土)

ユーロドルにつれ安を拒んだポンドドル

「ユーロドルにつれ安を拒んだポンドドル」

*ポンドドル日足先週後半小反発

Ws000003

*ユーロドル 日足 先週 木曜日は下ヒゲ、ただ金曜はまた陰線

Ws000004

|

ドル円 テクニカル

「ドル円 テクニカル」

Ws000002

*ドル円=5月2日の上ヒゲで下げ、ボリバン下限に張り付く。直近の5月14日-15日の下降ラインもまだ上抜けない。5月2日-5月13日の下降ライン、4月4日-5月2日の下降ラインが上値抵抗で続く。5日線下向き。まだ陽線や下降ライン上抜きのドル高の兆しがない。週足は3月31日週-4月28日週の下降ラインに沿い、2週連続陰線。3週間前は長い上ヒゲであった。週のボリバン下限は100.67あたり。月足は昨年10月-11月の上昇ラインを下抜いている。年足は07年-08年の下降ラインを上抜け、12年-13年の上昇ラインに沿っているが、今年はここまで陰線。

|

今年はタカ&トシ相場から脱却

「今年はタカ&トシ相場から脱却」

*今年は以下のように米ドル、カナダ、ユーロ、スイスが弱い。昨年の今頃は、去年の今頃のID為替リポートのように、逆にそれらが強かった。「欧米加!!」=タカ&トシ相場であった

                                                                                                   
2013年2014 年  
 12月31日5月16日
ドル円105.29101.55-3.74 -3.55
ユーロ円144.84139.09-5.75 -3.97
ポンド円174.43170.7-3.73 -2.14
カナダ円99.1293.49-5.63 -5.68
豪ドル円93.9895.091.11 1.18
NZドル円86.6587.620.97 1.12
スイス円117.97113.77-4.20 -3.56
ランド円109.79-0.21 -2.10

+++昨年6月10日のリポート+++

総括「黒田総裁も旬に弱い。例年通り彼岸円高相場と珍しいタカ&トシ相場」 

 ドル円=93-98、ユーロ円=125-130

2.総括「黒田総裁も旬の動きに勝てず。例年通り彼岸円高相場と珍しいタカ&トシ相場」

 FOMC、バーナンキ議長会見などでQE3縮小観測が強まっているが、4月からの相場の流れをフォローするもので大きく変わっていない。いろいろFOMCが分析されているが、2,3日でFOMCは忘れ去られて行くだろう。速く忘却することもいいディーラー素養の一つ。分析は分析家や格付け会社の仕事でディーラーの仕事は「次でしょ」である。

 4月末から比べると円高が総合的に進んでいる。4月末は円は主要9通貨で最下位であったが、現在は7位で強くなっている。黒田異次元金融緩和も例年の季節的需給=円高円安も彼岸までを覆すことは出来なかった。旬の物は異次元のものより重要で美味しい。晩秋になればまた黒田さんの季節となろう。

 ただ例年と違うのは、欧米通貨が通貨番付の首位を独占している。米ドルとユーロがともに強いことは、かつてなかった。通貨番付の上位に位置するのは円か資源通貨であったが、米国の金融緩和策の縮小と中国の景気減速と対策のなさが大きな要因となっている。

 秋まではこの流れが続くだろう。来週はここぞとばかり日本の証券会社が外貨投信を多く販売する。日経のアンケートでは増額すると予想されるボーナスを投資につぎ込む人がいるとなっているが、はたしてどうだろう。本当に日本が豊かになっているか試すの来週から7月あろう。

 それがなければ真夏の円高も想定したい。また円高株安の景気後退期に消費増税だけが行われることも想定したい。

|

2014年5月16日 (金)

公約の議員定数削減も法人税減税もやる気がないようだ

「公約の議員定数削減も法人税減税もやる気がないようだ」

 「言ったことはやらない」という政党も昔あった。でもそのお陰で今の自民党があるのではないか。

|

基本はヒゲ、トレンドライン、ボリバン ドル円

「基本はヒゲ、トレンドライン、ボリバン ドル円」

*プラス注文状況とニュース、季節需給

Ws000001

|

新年度から全面円高、5月はほぼ円高、年間では円は番付3位

「新年度から全面円高、5月はほぼ円高、年間では円は番付3位」

*季節的実需の需給によるもの、貿易赤字でも、リーズ&ラグズで輸出は新年度から夏に多く出る(為替的には貿易黒字の季節) 秋は貿易でも為替でも赤字の季節

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                         
 2014 年2014 年  
 4月30日5月15日
ドル円102.22101.57-0.65 -0.64
ユーロ円141.75139.26-2.49 -1.76
ポンド円172.47170.54-1.93 -1.12
カナダ円93.2393.340.11 0.12
豪ドル円94.9395.020.09 0.09
NZドル円88.0487.82-0.22 -0.25
スイス円116.09113.99-2.10 -1.81
ランド円9.79.760.06 0.62
 2014 年2014 年  
 3月31日5月15日
ドル円103.22101.57-1.65 -1.60
ユーロ円142.15139.26-2.89 -2.03
ポンド円172170.54-1.46 -0.85
カナダ円93.3893.34-0.04 -0.04
豪ドル円95.6695.02-0.64 -0.67
NZドル円89.5687.82-1.74 -1.94
スイス円116.71113.99-2.72 -2.33
ランド円9.789.76-0.02 -0.20
 2013年2014 年  
 12月31日5月15日
ドル円105.29101.57-3.72 -3.53
ユーロ円144.84139.26-5.58 -3.85
ポンド円174.43170.54-3.89 -2.23
カナダ円99.1293.34-5.78 -5.83
豪ドル円93.9895.021.04 1.11
NZドル円86.6587.821.17 1.35
スイス円117.97113.99-3.98 -3.37
ランド円109.76-0.24 -2.40

|

2014年5月15日 (木)

GPIF年金改革無視??

「GPIF年金改革無視??」

6月に日本国債運用を激減し、日本株や外国株の投資比率を増やすというのに

日本国債は利回り低下、株価は下落、円高とまったく無視しているのだろうか。

 受給年齢75歳が寿命79歳に追いつき追い越しとなってきたから??
運用も受領も期待できないまま我々も消えていく。消えた年金 消えた運用、消える人間。

|

カーニー総裁で快調のポンドが下落、チャート付

「カーニー総裁で快調のポンドが下落、チャート付き」

カーニー英中銀総裁は「利上げのタイミングは経済状況次第、利上げ開始の前にスラックを一段と解消する余地がある」と発言。早期利上げ観測が後退し快調だったポンドが緩和観測の強いユーロより昨日は下落

(ポンド円1時間足)

Ws000000

|

円高に振れがちなドル円、4-6月、13年、12年、11年チャート

「円高に振れがちなドル円、4-6月、13年、12年、11年チャート」

13年週足4-6月

Kami13

12年週足4-6月

Kami12

11年週足4-6月

Kami11

|

2014年5月14日 (水)

頑張ったトルコリラ、でもまだまだ

「頑張ったトルコリラ、でもまだまだ」

*ウクライナ危機45円まで下落するも49円へ

 ただ2007年は99円もあった まだまだ

*ちなみに私はギリシャ危機で買ったアイルランド債をトルコ債スイッチしている(既述)

*トルコリラ円日足

Ws000000

*トルコリラ円月足

Ws000001

|

インフレの番人のドイツ連銀も緩和賛成か

「インフレの番人のドイツ連銀も緩和賛成か」

*ドイツ連銀高官発言=ドイツ連銀は必要であればECBの政策行動を後押しする用意がある
 (ドラギ総裁は既にインフレ見通しに基づき妥当と判断されれば、ユーロ圏の景気支援に向け6月に行動する用意があると表明している)

|

ユーロ円損切り売り近い、139.80

「ユーロ円損切り売り近い、139.80」

Ws000003

|

2014年5月13日 (火)

富裕層の爆発、女性の好むブランド世界トップ10、マッサージ嬢はマンション購入意

「富裕層の爆発、女性の好むブランド世界トップ10、マッサージ嬢はマンション購入意欲」

「Explosion of riches」

*Asia's affluent middle class is rising rapidly as wealth in China is set to overtake Japan's by 2015
(CHINA DAILY紙)

 そういえば、中華街でマッサージをやってもらっている女性も日本のマンションを買いたいと言っていた。
やはり中国では不動産私有が出来ないので、海外に資産を持ちたいとのことであった。

「Top 10 favorite luxury brands of Chinese women」

No.1 Louis Vuitton

No.2 Chanel
No.3 Gucci
No.4 Armani

No.5 Dior
No.6 Rolex
No.7 Cartier

NO.8 Prada
No.9 Hermès
No.10 Lancôme

|

想定通り、ドル円、クロス円は上昇、単純な上げ

「想定通り、ドル円、クロス円は上昇、単純な上げ」

*GW明けの例年通りの円売りということもあった。現在のチャートと見比べましょう

*今日は仲値の手伝いはない

*以下は昨日、5月12日午前8時27分投稿分

「直近の下降ラインは上抜いてスタート」5月12日朝

*ドル円

Ws000000

*ユーロ円

Ws000001

*NZドル円

*NZドル円

Ws000002

|

2014年5月12日 (月)

NZドル円、月足正念場

「NZドル円、月足正念場」

*2012年6月ー9月の上昇ラインが迫ってきている

Ws000003

|

直近の下降ラインは上抜いてスタート、ドル円、ユーロ円 ETC

「直近の下降ラインは上抜いてスタート」

*ドル円

Ws000000

*ユーロ円

Ws000001

*NZドル円

Ws000002

|

2014年5月11日 (日)

これだけ違う豪ドルドルとNZドルドル

「これだけ違う豪ドルドルとNZドルドル」

*豪ドルドルは上昇ライン、NZドルドルは下降ライン

Aud511

Nzd511

|

円高になれば、またこうなるだけ、単純な話

「円高になれば、またこうなるだけ、単純な話」

Sony

|

2014年5月10日 (土)

今年と去年の通貨レースはかくも違う

「今年と去年の通貨レースはかくも違う」

*今年は

首位 豪ドル、2位 NZ、3位 円、4位 ポンド、5位 南アランド、6位 スイス、7位 ユーロ、8位 米ドル 最下位 カナダ

*ただ格差は小さい、昨年は北米と欧がこの時点では強かった

*昨年はこの辺りまで全面円安

*今年は南アランドが躍進

                                                                                                                                                                                                                           
昨年今頃2012年2013年
 12月31日5月10日  
ドル円86.76101.6314.87 17.14
ユーロ円114.43131.9717.54 15.33
ポンド円140.85156.1115.26 10.83
カナダ円87.42100.5513.13 15.02
豪ドル円90.16101.7211.56 12.82
NZドル円71.8584.2812.43 17.30
スイス円94.73106.1411.41 12.04
ランド円10.2311.130.90 8.80
今年ここまで2013年2014 年  
 12月31日5月9日
ドル円105.29101.78-3.51 -3.33
ユーロ円144.84140.07-4.77 -3.29
ポンド円174.43171.55-2.88 -1.65
カナダ円99.1293.37-5.75 -5.80
豪ドル円93.9895.261.28 1.36
NZドル円86.6587.71.05 1.21
スイス円117.97114.83-3.14 -2.66
ランド円109.82-0.18 -1.80

|

まずは成功、今年はNZ円でヘッジ売り、去年は豪ドル円でヘッジ売り

「まずは成功、今年はNZ円でヘッジ売り、去年は豪ドル円でヘッジ売り」

*今年も去年も春にヘッジ売り、去年は豪ドル円、今年はNZドル円

 まずは上手くいっている 去年は豪ドル円は101円から90円割れまで下落、今年のNZドル円も春からは豪ドルより弱く、今週は今年の通貨番付の首位を豪ドルに奪われる(介入示唆もあったから?)

*豪ドル円

Ws000000

*NZドル円

Ws000001

|

2014年5月 9日 (金)

新年度の円高進行具合

「新年度の円高進行具合」

*緑が円高

*円安はカナダ、ランドとポンド

                                                                                                   

 

2014 年2014 年  
 3月31日5月8日
ドル円103.22101.64-1.58 -1.53
ユーロ円142.15140.68-1.47 -1.03
ポンド円172172.10.10 0.06
カナダ円93.3893.830.45 0.48
豪ドル円95.6695.23-0.43 -0.45
NZドル円89.5687.86-1.70 -1.90
スイス円116.71115.45-1.26 -1.08
ランド円9.789.820.04 0.41

|

近隣国での通貨間格差がある

「最近 近隣国での通貨間格差がある」

*ユーロとポンドではポンドが強い(ユーロポンドチャート日足)

 景況感格差から

Ws000001

*豪ドルとNZドルでは豪ドルが強い(豪ドルNZドルチャート日足)

 景気自体は両国いいが、見通しでは豪に分がある(NZは昨年強かった、豪が雇用悪化で悩んでいる時)

Ws000000

|

2014年5月 8日 (木)

NZドル下げの前に上ヒゲあり、豪ドルにはなかった

「NZドル下げの前に上ヒゲあり、豪ドルにはなかった」

*5月8日午前10時 豪雇用統計発表前 (豪ドルはこの後 さらに上昇、雇用改善で)

*NZドル・米ドル 日足

Ws000000

豪ドル・米ドル日足  下ヒゲもあった

Ws000002

|

ドル円テクニカル、やはりボリバン、ヒゲきっちり

「ドル円テクニカル、やはりボリバン、ヒゲきっちり」

Ws000001

*ドル円=5月2日の上ヒゲで下げていたが、ボリバン下限で小反発。5月2日-6日の下降ラインも上抜いた。上値抵抗は4月4日-29日、4月4日-5月2日の下降ライン。5日線はまだ下向き。

週足は先週の上ヒゲを今週はここまで下ヒゲを出しているがまだ陰線。3月31日-4月7日週の下降ラインを上抜いているが、そのラインで今週の下げも止まっている。

月足は昨年10月-11月の上昇ラインを下抜いている。

年足は07年-08年の下降ラインを上抜け、12年-13年の上昇ラインに沿っているが、今年はここまで陰線。

|

現在の為替相場順位、首位NZ、3位円、米ドルは8位

「現在の為替相場順位、首位NZ、3位円、米ドルは8位」

                                                                                                                                                                                                                                     
 2013年2014 年  
 12月31日5月7日
ドル円105.29101.88-3.41 -3.24
ユーロ円144.84141.73-3.11 -2.15
ポンド円174.43172.72-1.71 -0.98
カナダ円99.1293.49-5.63 -5.68
豪ドル円93.9895.021.04 1.11
NZドル円86.6588.191.54 1.78
スイス円117.97116.26-1.71 -1.45
ランド円109.73-0.27 -2.70
     
     
ユーロドル1.37531.39110.0158 1.15
ポンドドル1.65621.69540.0392 2.37
ドルスイス0.8920.8763-0.0157 -1.76
ドルカナダ1.06151.08970.0282 2.66
豪ドルドル0.89260.93270.0401 4.49
NZドルドル0.82280.86550.0427 5.19
ドルランド10.52910.4707-0.0583 -0.55
   
ユーロポンド0.82990.8205-0.0094 -1.13
ユーロスイス1.22711.219-0.0081 -0.66
豪ドルNZドル1.08391.0778-0.0061 -0.56

|

2014年5月 7日 (水)

いつもボリバンきっちり、ヒゲきっちりのドル円だが

「いつもボリバンきっちり、ヒゲきっちりのドル円だが」

今回はどうか

Yen0705bori_2

|

ドル円想定通りのオーソドックスな展開

「ドル円想定通りのオーソドックスな展開」

以下は4月28日のリポート 想定通り ただ21世紀の20世紀と違って円独歩高ではない ドル円だけ

****************************

「新緑の為替」はやはり「晩秋の為替」とリズムが違う。晩秋は円売りが盛り上がり96円から105円となったが、新緑が映える新年度は円安が進まない。例年ならもっと円高になっているが、膨大な貿易赤字があるだけにドルの下押しも小さいが、すんなりと円安にはならない。昨年も黒田異次元緩和策があって一旦円安となったが、5月から真夏は円高推移となった。

過去5年のGW頃のドル円の相場推移を調べた
2011年から13年はGWまで円高が進み、GW明けは円安、6月以降は真夏まで円高
2009年から10年はGWまで円安、GW明け、真夏までは円高
2008年のリーマンショックの時はまだ金融グロバリーゼーション、FXでのエンキャリーの影響で真夏まで円安が進んだ。

*貿易赤字でドル下げも浅いが、大雑把の流れでの春彼岸から秋彼岸までは輸出先行での円買い、晩秋は輸入先行での円売りのリズムはあるだろう

|

2014年5月 6日 (火)

AKB、愉快な県庁、恋する県庁、県民は今日も練習

AKB、愉快な県庁、恋する県庁、県民は今日も練習」

*恋するフォーチュンクッキー 神奈川県版

*神奈川は平和です。これが一番

Akbk1_2

 

Akbk2_2

Akbk3

*神奈川県庁版

http://www.youtube.com/watch?v=RBBbuspVyyU

|

2014年5月 5日 (月)

日本の美女集合、横浜国際パレード

「日本の美女集合、横浜国際パレード」

Mis6

Mis5

Mis4

Mis3

Mis2

Mis1

|

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »