« 岩田氏孤軍奮闘で円安対策 | トップページ | メリル・ストリープがサッチャーに »

2011年12月 1日 (木)

ポスト中国のカンボジアからお便り

「ポスト中国のカンボジアからお便り」

*今や中国の生産コスト、人件費が上昇し、工場をミヤンマーへ、カンボジアへ移す動きとなっている。

*そのカンボジアで銀行時代の先輩が現地銀行の会長として活躍なさっている

ご興味あればご覧ください

カンボジア有力マイクロファイナンス機関との協働」

2011年12月1日

http://www.maruhanjapanbank.com/jp/highlights/microfinance-partnerships

http://www.maruhanjapanbank.com/en/highlights/microfinance-partnerships


マルハンジャパン銀行は、カンボジア国内全土のお客様へ新しいサービスをお届けするため、国内の
有力マイクロファイナンス機関と事業提携契約を結んでおります。

「日本・カンボジアの強い友好関係」の中で、当地斯界最先端の銀行サービスを提供するマルハンジ
ャパン銀行と、発展する‘地域’に金融サービスを提供するマイクロファイナンス機関は、それぞれ
の強みを互いに役立てながら「カンボジアの経済躍進に貢献する」という同じ目的を達成するため、
緊密な相互協力を実現しております。

マイクロファイナンス機関との提携により、マルハンジャパン銀行は各機関が今まで築いてきた地方
のお客様にその強固なネットワーク基盤を通じ、国内全土へ新しいサービスを提供いたします。各マ
イクロファイナンス機関にとって、この提携はかねてよりカンボジア金融当局に求められている「資
金調達源の多様化」にも応えるものとなり、「コンプライアンス面での要請」と「安定資金調達先の
確保」を両立しながら、自らのビジネス目標への一層の邁進を実現します。

「商業銀行」と「マイクロファイナンス機関」というそれぞれ特色のある金融機関によるこうした先
進的なビジネス戦略は、マルハンジャパン銀行の企業価値を高め、カンボジアで、またさらにアセア
ン諸国でもその事業存在感を高めつつ、“グローバルスタンダードなサービスで地域の未来に貢献す
る”新しい金融ビジネスの姿です。


******************

MARUHAN Japan Bank Plc.
No.83, Preah Norodom Boulevard
Phnom Penh, Kingdom of Cambodia

|

« 岩田氏孤軍奮闘で円安対策 | トップページ | メリル・ストリープがサッチャーに »

為替2011」カテゴリの記事