« 銀行のボーナスに90%課税 | トップページ | ドル円、ユーロドルPF »

2010年12月10日 (金)

ブラジル第3四半期GDPは前年同期比6.7%増

12月9日のアメリカ、欧州、トルコ、南ア株です。

101210

ブラジルはブラジル地理統計院(IBGE)が、第3四半期のGDPを発表。前期比では0.5%増、前年同期比では6.7%増でした。

第2四半期の改定値は前期比1.8%増、前年同期比9.2%増だったそうです。前期よりは下がっていますが、それでも高いですね。

ロイターによるとブラジルでは雇用が拡大し、個人消費が伸びているそうです。その一方で8日に発表された消費者物価指数(IPCA)は前年同期比5.49%上昇しており、中銀が目標としている4.5%を上回っていました。

ブラジル中銀は8日の通貨政策会議で政策金利を10.75%に据え置いていますが、ロイターのニュースでは「アナリストは早ければ来年1月にも利上げがあると予想している」そうです。そのためかボベスパ指数が下落しました。

トルコのイスタンブールナショナル100種は2.64%下落しました。そのトルコに関連したニュースでは、ブラウン前首相が著書の「Beyond the Crash」のなかで「インドネシア、韓国、メキシコ、トルコはBRICsと同等のレベルにあり、近くBRICの仲間入りをする」としている、というものがトルコの新聞ヒューリエットのウエブサイトにありました。確かにトルコの株式は、今年好調でしたし、経済も好調のようです。ただ、来年7月には大統領選挙を控えています。それと隣国ギリシャの動向も影響しそうですよね。

そのギリシャの失業率は12.6%で2004年に失業率統計の発表を始めて以来最悪だったそうです。

欧州でも中東でもありませんが、中国の11月の不動産価格が前年同期比で7.7%上昇したそうです。10月は8.6%でした。中国の不動産価格は7か月連続で鈍化しています。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 銀行のボーナスに90%課税 | トップページ | ドル円、ユーロドルPF »

5大山弘子(2)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 銀行のボーナスに90%課税 | トップページ | ドル円、ユーロドルPF »