« 日本の住宅着工戸数 | トップページ | 民主党の日本企業追い出し5点セット »

2010年11月30日 (火)

欧州これから

「欧州これから」

*IMF・EU・英国の融資決定後も、アイルランドや南欧金利は低下せず

*欧州失業率とCPIあり

*トリシェ総裁、レーン委員は今日もアイルランドを語るか

*ルービニ教授=ポルトガルが次に金融支援を求める可能性は「極めて高い」とした上で、「部屋の中の巨象はポルトガルではなくてスペインだ。問題が起こった場合、スペインを救済するのに十分な公式の資金はない」と語った

*ハンガリー株、今年の高値から20%下落-危機が東欧に波及との懸念。1月11日は日本人保有のサムライ債の満期日だが返済出来るか

14:30 3QインドGDP

16:45(仏)卸売物価指数(PPI)前月比(10月)予0.4% 前0.3%
17:55(独)失業率(11月)予7.5% 前7.5%
19:00(EU)失業率(10月)予10.1% 前10.1%
19:00(EU)消費者物価指数(HICP)前年比(11月)予2.0% 前2.0%
19:00(日) 外国為替平衡操作の実施状況

21:00(南ア)貿易収支(10月)予-20億ZAR 前36億ZAR

講演=欧州委員会レーン委員(17:30)、トリシェ総裁(24:30)、バーナンキFRB議長(5:00)、ミネアポリス連銀コチャラコタ総裁(2:30)、下院小委、FRB米国債追加購入についての公聴会、オバマ大統領、議会運営について与野党の議会幹部と会談

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 日本の住宅着工戸数 | トップページ | 民主党の日本企業追い出し5点セット »

為替10年11月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本の住宅着工戸数 | トップページ | 民主党の日本企業追い出し5点セット »