« 中国レポレート 上昇 | トップページ | 南北境界付近の延坪島に砲弾、北朝鮮が発射か »

2010年11月23日 (火)

欧州これから

「欧州これから」

*EU支援は決定したがアイルランド問題飛び火で南欧金利もまだ上昇

*24日にアイルランド政府は財政4ヵ年計画を発表する

*メルシュ・ルクセンブルク中銀総裁ポルトガルとギリシャの状況は違う

*トリシェECB総裁=米当局による強いドルに関する言及を歓迎、強いドルは米国の利益にかなうとの見解を共有、全ての非標準的措置は一時的なもの、為替市場において過度で無秩序な変動は経済成長を妨げる、為替相場に関する問題に対し、慎重になるべき
国際社会は、競争的通貨切り下げをしない事が新興国の利益と信じる

*相変わらずECB当局の講演多い。今夜は英中銀ボーゼン委員も

16:00(独)国内総生産(GDP)前期比(7-9月期)予0.7% 前0.7%
16:00(独)GFK消費者信頼感調査(12月)予5.1% 前4.9%
16:45(仏)企業景況感指数(11月)予102 前102
18:00(欧)PMIサービス業(11月)予53.2 前53.3
18:30(南ア)四半期国内総生産(GDP)前期比(7-9月期 )予3.3% 前3.2%

講演=レーン欧州委員、バルニエ欧州委員、バローゾ欧州委員(23:00)、ボーゼン英中銀委員(1:30)ガイトナー長官(2:00)

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 中国レポレート 上昇 | トップページ | 南北境界付近の延坪島に砲弾、北朝鮮が発射か »

為替10年11月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中国レポレート 上昇 | トップページ | 南北境界付近の延坪島に砲弾、北朝鮮が発射か »