« 外為入門116、機関投資家 | トップページ | 外為入門117、公的投資家のヘッジ »

2010年11月 8日 (月)

変動相場制を良とするならユーロはなかった

「変動相場制を良とするならユーロはなかった」

*欧州は戦後為替相場を安定させようとする歴史であった。

*EMS制度でより変動を減少させ、ついにはユーロという究極の固定相場を誕生させた。

*また今の変動相場はドルを基軸としているので米国に圧倒的に有利である。

*中国ほど自己主張せよとは言わないが、少しは日本の国益になる主張をしたらどうか

*そうでないと円高、株安、給与減、雇用悪化は続く。

*尖閣為替、国後為替ではいけない

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 外為入門116、機関投資家 | トップページ | 外為入門117、公的投資家のヘッジ »

為替10年11月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 外為入門116、機関投資家 | トップページ | 外為入門117、公的投資家のヘッジ »