« 「ポンド円、ランド円、ランチタイム」 | トップページ | S&P=NZの格付け見通しを『ネガティブ』に変更 »

2010年11月22日 (月)

今週の豪ドル相場:津田

(豪ドル日足)
Image001

(豪ドル円日足)

Image003

先週の豪ドル相場

先週の相場レンジAUDUSD0.9724-0.9920 AUDYEN 81.15-82.81
先週は週初、前週の米ドル上昇に 加えて欧州ソブリンリスクや中国利上げ観測が嫌気されてドル高通貨安となり豪ドルは97セント台前半、81円台前半まで下落。しかしアイルランドがEU、IMF支援を申請するとの観測から欧州危機のぶり返しもさほど広まらず。むしろ中国株式市場やダウの反発からリスク選好の動きが活発化して、週後半にかけては豪ドルも週初のレベルを回復。豪ドル円は82円台後半まで値を上げて越週した。

今週の豪ドル相場

今週の予想レンジAUDUSD 0.9750-1.0050 AUDYEN 81.00-84.00
今週は日本が23日(火曜日)、米国が25日(水曜日)祝日で市場参加者が細りそう。その中でやはり焦点は米国の追加金融政策実施後の今後の読みであり、その意味で米通貨当局者の発言や各種指標(Q3GDP改定値、新規失業保険、ミシガン大学消費者信頼感、新築住宅販売)が注目される。またアイルランド債務問題はEU、IMFへの支援申請で一件落着しそうであるが、その他のEU国の動きと合わせて引き続き要注意。また中国の金融引き締め観測も人民元の切り上げ圧力と合わせて、相場かく乱要因となりうる。
市場も徐々に年末の色彩強まる中、需給的には米ドル買い需要が強まる可能性もある。
ユーロや豪ドルなどのリスク通貨も今年は上下かなり派手に動いたが、年末にかけてはより需給を反映した動きになるであろう。
豪ドルは対米ドルでは米ドル堅調を受けてパリティー以上上では売り圧力が強まる一方、下値は引き続き押し目買いがサポートする展開となろう。

ではでは

ジョー

日本より断然有利なJUNAX豪ドル預金ファンド  http://junax.com.au/


「Joeの豪ドル道場」FXマガジンにて毎週 月・水・金 執筆中
!


ご購読はこちらから

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 「ポンド円、ランド円、ランチタイム」 | トップページ | S&P=NZの格付け見通しを『ネガティブ』に変更 »

2津田穣(2)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ポンド円、ランド円、ランチタイム」 | トップページ | S&P=NZの格付け見通しを『ネガティブ』に変更 »