« 外為入門124、ジャパンプレミアムのお話 | トップページ | 何かやって欲しい »

2010年11月15日 (月)

OECDが豪に利上げ勧告だが

「OECDが豪に利上げ勧告だが」

*OECDは、オーストラリア経済について「失業が自然失業率に近づく中で、経済のたるみが急速に減少している」と指摘した。

*RBAが「警戒を続け、生産能力に対する需要圧力が増せば、政策を引き締めるべきだ」とした。

*OECDによると、今年のGDP伸び率は3.3%、来年は3.6%に加速すると予想。5月時点の予想は今年の成長率が3.2%、来年が3.6%(以上ブルームバーグ社)

(感想、だからここまで上がってきた。でも先月は失業率が大幅悪化した)

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 外為入門124、ジャパンプレミアムのお話 | トップページ | 何かやって欲しい »

為替10年11月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 外為入門124、ジャパンプレミアムのお話 | トップページ | 何かやって欲しい »