« 外為入門117、公的投資家のヘッジ | トップページ | 話題の経常収支の内訳は »

2010年11月 8日 (月)

夜はこれから

「夜はこれから」

*新興国から米量的緩和策に批判の意見が出ている。いたずらに振興国の通貨を強くあうるからだ。今週のG-20とAPECを注目したい

*米国指標なし、3年債の入札を見たい

*決算はクライスラーとシスコ

*米大統領:減税延長問題で妥協の余地あり-週末恒例のラジオ演説

*ガイトナー長官は通貨安戦争を抑制と言いながら強いドルが国策という

22:15 (カ)住宅着工件数(10月)予18.00万件 前18.64万件

3:00 米財務省3年債入札

講演=ユンケル・ユーロ圏財務相会合(ユーログループ)議長(23:00)、ファンロンパイEU大統領(4:00)、欧州委員会バローゾ委員長、BIS会合、ブラードセントルイス連銀総裁(2:30)、フィッシャー・ダラス連銀総裁(3:45)、ウォーシュFRB理事(5:30)

決算=クライスラー、シスコ

*******今日の出来事*****

8:00 NZ10月QV住宅価格 1.1%前年比、前回2.0%
08:50(日)外貨準備高 予N/A 前1兆1096億USD、外為特会外貨建資産の内訳及び運用収入の内訳
09:00  衆院予算委員会

14:00 金融経済月報11月
14:00(日)景気先行指数(CI)・速報値(9月)予99.0  前99.5
14:00(日)景気一致指数(CI)・速報値(9月)予101.9  前103.3

15:45(ス)失業率(10月)予3.6% 前3.7%
16:00(独)貿易収支(9月)予120億EUR 前90億EUR
16:00(独)経常収支(9月)予N/A 前46億EUR
20:00(独)鉱工業生産 前月比(9月)予0.5% 前1.7%
20:00   9月G7景気先行指数(OECD)

決算=DIC、日製鋼、三井金、三菱マ、住友鉱、古河電、ローム、シチズンHD

外貨投資=3年物米国債入札、国際投信投資顧問 チャインドネシア株式オープン 国際株式型、BNYメロンAMジャパン パシフィック好配当株式

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 外為入門117、公的投資家のヘッジ | トップページ | 話題の経常収支の内訳は »

為替10年11月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 外為入門117、公的投資家のヘッジ | トップページ | 話題の経常収支の内訳は »