« 何かやって欲しい | トップページ | スポット貴金属をForex.comで »

2010年11月15日 (月)

夜はこれから

「夜はこれから」

*米国は月曜から脂っこい指標の小売りとNY連銀製造業

*ユーロ関係者の講演が多い(今週ずっと)

*NY連銀:米国債購入を開始-FRBの量的緩和第2弾が始動

ラッカー米リッチモンド連銀総裁=失業率引き下げに焦点をあてれば、インフレ加速を引き起こす恐れ、「最大雇用」の追及を強調しすぎるのは危険、金融政策で失業率を改善できるのは一時的、失業改善のペースは遅い、FRBは米失業率が高水準でも利上げが必要となる可能性、米インフレ率は非常に低い

*オバマ大統領(他の国をいらだたせるような貿易黒字はいけない、*人民元は過小評価、*通貨を変動相場制にかえるべきだ、*もっとバランスのとれた成長戦略をとるべきだ、*巨大な市場があるのだから、*中国は果たすべき役割を果たすべき、*胡主席は1月に米国訪問、*これらの問題は一夜で解決しないが解決しなければならない)

22:30(米)小売売上高 前月比(10月)予0.7% 前0.6%
22:30(米)ニューヨーク連銀製造業景気指数(11月)予14.00 前15.73
24:00(米)企業在庫 前月比(9月)予0.8% 前0.6%

講演=ラッカー米リッチモンド地区連銀総裁(9:40)、コンスタンシオECB副総裁(16:45)、ノボトニー・オーストリア中銀総裁(16:45)、トゥンペルグゲレルECB理事(17:05)、ウェーバー独連銀総裁(17:45)、ポルトガル中銀コスタ総裁(18:00)、ユンケルEU議長(2:00)

決算= ジンボリー、ノードストロム、ロウズ・カンパニーズ

****今日の出来事*****

06:45(ニ)小売売上高指数 前月比(9月)予N/A 前0.0%
08:50(日)四半期実質国内総生産(GDP)前期比(7-9月期) 予0.6% 前0.40%、年率予想+2.5%
     GDPデフレーター予前年比-1.5%
9:01 11月英ライトムーブ住宅価格(前月+3.1%)
13:00 10月首都圏マンション発売戸数
13:30(日)鉱工業生産・確報値 前月比(9月)予N/A 前-1.9%

16:45(仏)経常収支(9月)予N/A 前-40億EU
17:15(ス)生産者輸入価格 前月比(10月)予0.0% 前-0.1%
19:00(EU)貿易収支(9月)予1億EU前-43億EU

決算=三菱UFJ、インターネットイニシアティブ、森トラスト総合リート投資法人、ソニーフィナンシャルホールディングス、

外貨投資=中央三井アセットマネジメント オーストラリア債券・株式・リートファンド「愛称:オージー三昧」 、 岡三アセットマネジメント 先進国ソブリンオープン・ヘッジあり(毎月)「愛称:円のかけ橋」

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 何かやって欲しい | トップページ | スポット貴金属をForex.comで »

為替10年11月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 何かやって欲しい | トップページ | スポット貴金属をForex.comで »