« 「ポンド円、ランド円、NY需給」 | トップページ | 晩秋から初冬 »

2010年11月19日 (金)

今夜はこれにて失礼させて頂きます

「今夜はこれにて失礼させて頂きます」

*ジムでだるく、体がほてっていました。風邪か、強烈な中華マッサージをジムに行く前に二人がかりでやってもらった揉み返しか(マッサージお宅の私は揉み返しにあったことはないですが)。寝ます。

*中国は預金準備率を引き上げた。朝から出ていた噂の利上げではなかったが、やはりBBCまで利上げをするといっていたので、こういうことになった。何かやるといわれてやるのは中国らしくない。食品価格の急騰が庶民生活を苦しめているらしい。豚さんのエサのとうもろこし上昇で豚肉上昇、餃子も上昇。もともと安いので上がりやすい。王将は?

*ドル円は今月は買い中心の注文が多く上昇してきたが、昨日からは売りもでてくるようになった。

*11月はここまで晩秋の需給が続いている。円は全面安。欧州信用不安でもユーロ円は円安。

*欧州通貨は信用不安で安くなっていた。これは先月からのトピックなので仕方がない。

*円は輸出予約減少で輸入が自然と目立つ。欧米はリパトリ。これが11月の基本。85年からの11月月足を全部見ても円急騰はなかった。

*ただリパトリも来週あたりで一段落だろう。欧米は長期休暇となる。

*それでは良い週末を、良い感謝祭を、メリークリスマス!

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 「ポンド円、ランド円、NY需給」 | トップページ | 晩秋から初冬 »

為替10年11月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ポンド円、ランド円、NY需給」 | トップページ | 晩秋から初冬 »