« 上海利上げ観測で弱い、アジア株資源金利 | トップページ | 全産業活動指数 »

2010年11月19日 (金)

OECD、GDP&CPI見通し

「OECD、GDP&CPI見通し」

**OECDグリア事務総長は18日の経済見通し発表後に「世界経済は軟調局面にあるが、これが長く続くとは考えていない」と述べ、「2011年3Qに回復し、12年はさらに良くなるだろう」との見通しを示した。

 (GDP見通し)

世界全体のGDP成長率、10年4.6%、11年4.2%、12年4.6%
OECD全体の実質成長率、10年2.8%、11年2.3%、12年2.8%

日本=10年3.7%、11年1.7%、12年1.3%
米国=10年2.7%、11年2.2%、12年3.1%
ユーロ圏=10年1.7%、11年1.7%、12年2.0%
英国=10年1.8%、11年1.7%、12年2.0%
カナダ=10年3.0%、11年2.3%、12年3.0%
独=10年3.5%、11年2.5%、12年2.2%
中国=10年10.5%、11年9.7%
ブラジル=10年7.5%、11年4.3%
インド=10年.9%、11年8.0%
ロシア=10年3.7%、11年4.2%

(CPI見通し) 

ユーロ圏=2010年1.5%、2011年1.3%、2012年1.2%
米国=2010年1.6%、2011年1.1%、2012年1.1%
日本=2010年-0.9%、2011年=-0.8%、2012年-0.5%
英国=3.1%、2011年2.6%、2012年1.6%

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 上海利上げ観測で弱い、アジア株資源金利 | トップページ | 全産業活動指数 »

為替10年11月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 上海利上げ観測で弱い、アジア株資源金利 | トップページ | 全産業活動指数 »