« ポンド円、学生デモは元気な証、雲上、ボリバン上限抜く | トップページ | 株資源高、アジア株資源金利 »

2010年11月11日 (木)

中国が購買力平価GDPで世界一、2012年

「中国が購買力平価GDPで世界一、2012年」

*米コンファレンス・ボードは中国のGDPが「購買力平価ベース」で、2012年に米国を抜くとの見通しを示した。

*購買力平価を考慮すると状況は違ってみえる。これは、ある国の通貨で実際に国内で買えるモノやサービスに着目した基準で、これを注視するエコノミストもいる

2010年時点で購買力平価ベースでは世界経済に占める米国の比率は18.3%。これに対し、中国は16.3%で既にかなり接近している。日本は5.6%だそうだ。(日経、WSJなど)

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« ポンド円、学生デモは元気な証、雲上、ボリバン上限抜く | トップページ | 株資源高、アジア株資源金利 »

為替10年11月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ポンド円、学生デモは元気な証、雲上、ボリバン上限抜く | トップページ | 株資源高、アジア株資源金利 »