« ポルトガル金利低下、欧州不安和らぐ、南欧金利 | トップページ | 週間チェンジ、全面ドル高、ユーロ安 »

2010年11月13日 (土)

為替編、G-20ソウル・サミット概要

「為替編、G-20ソウル・サミット概要」

為替レート政策では,為替レートの柔軟性の向上,通貨の競争的な切り下げの回避,準備通貨を持つ国々を含む先進国による為替レートの過度の変動や無秩序な動きの監視を確認。

不均衡については,フレームワークでの相互評価プロセス(MAP)を強化し,継続した大規模な不均衡を判定する上での「参考となるガイドライン」を用意させ,その進展を財務大臣・中央銀行総裁が2011年前半に議論することに合意。

菅総理は(1)経済のファンダメンタルズを反映し,より市場で決定される為替レート制度への移行,通貨の競争的な切り下げ回避,準備通貨を持つ先進国による通貨安定への協力強化の重要性を強調し,(2)対外不均衡を評価するG20の取組を支持しつつ,我が国の経常収支黒字の大部分は所得収支黒字であり,除外されるべきこと
所得収支のところはよく言った、評価
*来年はフランスで開催

「G20ソウル・サミット首脳宣言」上の概要で十分だと思う、ご参考までに

*経済のファンダメンタルズを反映するため,より市場で決定される為替レートシステムに移行し,為替レートの柔軟性を向上させるとともに,通貨の競争的な切り下げを回避する。準備通貨を持つ国々を含む先進国は,為替レートの過度の変動や無秩序な動きを監視する。これらの行動は,いくつかの新興国が直面している資本移動の過度な変動のリスクを軽減させる助けとなろう。

*我々は,対外的な持続可能性を促進するため相互評価プロセス(MAP)を強化する。我々は,対外的な持続可能性を促進するための多角的協調を強化し,過度の不均衡を削減し経常収支を持続可能な水準で維持するのに資する,あらゆる政策を追求する。今後財務大臣及び中央銀行総裁により合意される参考となるガイドラインに照らして判定される,継続した大規模な不均衡は,大規模な一次産品生産者を含む,各国・地域の状況を考慮する必要性を認識しつつ, MAPの一部として,その性質や調整の障害となっている原因を評価される。一連の項目で構成される,これらの参考となるガイドラインは,予防や是正に向けた行動を必要とするような大規模な不均衡を適時に判定することを助けるメカニズムとしての役割を果たす。これらのコミットメントの達成に向けた我々の努力を支援するため,我々は,G20フレームワーク作業部会に,IMFとその他の国際機関からの技術的な支援を受けて,これらの参考となるガイドラインを用意するよう求める。その進展は,2011年前半に財務大臣と中央銀行総裁により議論される。あわせて,慶州で,我々の財務大臣と中央銀行総裁は,対外的な持続可能性に向けた進ちょくと,財政,金融,金融セクター,構造,為替レート,その他の政策の整合性について,MAPの一部として,評価を提供するようIMFに求めた。この観点から,上記の参考となるガイドラインに基づく最初の評価は,フランスの議長の下で然るべき時期に開始され,実施される。

*国際資本フローの突然の逆流に,各国が対処することを助ける実践的なツールを提供することにより,金融市場の変動に各国が対処することを助けるグローバルな資金セーフティ・ネットの強化のための手段。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« ポルトガル金利低下、欧州不安和らぐ、南欧金利 | トップページ | 週間チェンジ、全面ドル高、ユーロ安 »

為替10年11月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ポルトガル金利低下、欧州不安和らぐ、南欧金利 | トップページ | 週間チェンジ、全面ドル高、ユーロ安 »