« ユーロ円、欧州金利変らず、ファイナンスウィーク | トップページ | 豪ドル円、上海上げて豪ドル小康 »

2010年11月15日 (月)

ポンド円、明日から重要指標、CPI、雇用など

「ポンド円、明日から重要指標、CPI、雇用など」

(テク)

*日足は10月25日-11月9日の上昇ライン崩れず

*金曜の長い下ヒゲが効いているか、少し。

*5日線もユーロと違い上向き

*雲からちょっと上に出る131.43-132.70

*ボリバン上限へ126.43-133.52
Ws000010

(注文)

*売りは134台で中

*買いは小さい

*損切りも小さい

Ws000011

(材料)

*11月ライトムーブ住宅価格(前月比)、前回:+3.1%、今回:-3.2%
ウィール英中銀政策委員=金融引き締めか緩和か、どちらとも強い要請があるわけではない
追加の緩和によってインフレ期待が押し上げられることを懸念、数ヶ月間でインフレがさらに上昇する可能性

*明日はCPI、17日の10月失業率(予想4.5%)と失業保険申請件数(予想+0.5万人)でこの緩やかな成長が続くかどうかチェックしたい。

(予定)

15(月)
16(火)英 消費者物価指数、小売物価指数、
17(水)BOE議事録、英 失業率、失業保険申請件数、
18(木)英 小売売上高指数、マネーサプライM4・速報、

19(金)

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« ユーロ円、欧州金利変らず、ファイナンスウィーク | トップページ | 豪ドル円、上海上げて豪ドル小康 »

為替10年11月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ユーロ円、欧州金利変らず、ファイナンスウィーク | トップページ | 豪ドル円、上海上げて豪ドル小康 »