« ユーロドル、夕刻PF | トップページ | 株は日中上昇、米豪NZ下げ、アジア株資源金利 »

2010年11月 8日 (月)

インド33機、中国102機、為替は

「インド33機、中国102機、為替は」

*胡錦濤国家主席はポルトガル、フランスを訪問した。

*ギリシア、スペイン同様ポルトガルではおそらく金融支援を申し出たのであろう。債券を買うなら為替は起きないだろう。既に保有している外貨準備のユーロドルを使うだろう

*また仏からはエアバス102機購入する。

*オバマ大統領が訪問したインドはボーイング社の航空機を33機購入する。

*これらの為替はどうなるのだろう。

*中国がエアバスを買ってボーイングを買わないのではなく、既にボーイングを大量購入している。

2010年5月26日、米ボーイング社の取締役会長兼社長兼最高経営責任者のW・ジェームズ・マックナーニー・ジュニア氏は米シカゴでの講演で、中国は米国に次いでボーイング機の購入数が多く、中国が有する航空機1560機のうち、53%はボーイング機だと述べた。平均使用期間はわずか6年半だという

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« ユーロドル、夕刻PF | トップページ | 株は日中上昇、米豪NZ下げ、アジア株資源金利 »

為替10年11月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ユーロドル、夕刻PF | トップページ | 株は日中上昇、米豪NZ下げ、アジア株資源金利 »