« 英キャメロン首相と胡主席会見ポイント | トップページ | ギリシア低下、ポルトガル上昇、南欧金利 »

2010年11月10日 (水)

ポンド円、19:30にインフレ報告

「ポンド円、19:30にインフレ報告」

(テク)

*日足=ユーロより陰線が一本少ない。今日はここまで陽線

*10月25日-29日の上昇ラインを下抜けた

*ただ昨日は下ヒゲありした

*5日線まだ上向き

*ボリバンでは少々上に余地あり127.12-132.09

*雲は少し離れる131.82-132.70

Ws000019

(注文)

*売りは131台は小

*買いは130.0が中、それ以下も小から中。

*損切りは売り買い小さい

Ws000020

(材料)

*債務問題がクローズアップされているユーロほど弱くない

*今夜はインフレリポートあり、弱い噂もあるが、英国は欧州にくらべてインフレがやや高い。まだGDP改善の余韻もある。

*キャメロン首相は大型ビジネス団を引き連れ訪中

9月商品貿易収支、前回:-82.27億GBP、予想:-80.00億GBP、今回:-82.28億GBP
9月鉱工業生産(前月比)、前回:+0.3%、予想:+0.4%、今回:+0.4%
9月製造業生産高(前月比)、前回:+0.3%、予想:+0.2%、結果:+0.1%

(予定)

10(水)BOE四半期インフレレポート
11(木)G-20サミット(ソウル)

12(金)
13日(土)APEC首脳会議

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 英キャメロン首相と胡主席会見ポイント | トップページ | ギリシア低下、ポルトガル上昇、南欧金利 »

為替10年11月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 英キャメロン首相と胡主席会見ポイント | トップページ | ギリシア低下、ポルトガル上昇、南欧金利 »