« 変動相場制を良とするならユーロはなかった | トップページ | 夜はこれから »

2010年11月 8日 (月)

外為入門117、公的投資家のヘッジ

「外為入門117、公的投資家のヘッジ

 これは ヘッジをまったくしない。何年か前に国会でオプションを使用してヘッジできる法案が通過したが、使用されていないだろう。それでいいであろう。長期高金利投資とはそういうものである。万が一円高になってもその時はデフレがある程度ヘッジしてくれるし、ドルショップでも作ってそのまま使えればこっちのほうが得である。日本のGDPはみかけ世界2位でも一人当たり購買力平価GDPの順位では10位以下である。 外貨を自由に使えれば為替リスクは無くなる。

|

« 変動相場制を良とするならユーロはなかった | トップページ | 夜はこれから »

外為入門2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 変動相場制を良とするならユーロはなかった | トップページ | 夜はこれから »