« 景気ウォッチャー調査 | トップページ | 日本橋・室町 »

2010年11月 9日 (火)

ドル円、11月1日からの上昇ラインに接

「ドル円、11月1日からの上昇ラインに接す」

*テク

*11月1日からの上昇ラインに接してきている

*5日線上昇

*ボリバン中位80.20-82.56で狭くなってきた

*10月27日-11月3日の下降ラインが上値抵抗

*10月28日-11月1日の下降ラインが下値サポート

Ws000007

*注文 

*売りは81台で小から中

*買いは80.85と80.50で中

*損切りは小さい

Ws000008

*(材料)

*朝発表の日本の貿易黒字、経常黒字は増加傾向変らず。円高を後押し

*景気ウオッチャーはさらに低下した

*ユーロ円を中心とする下げ、株価下落でリスク選好後退の円買いあり

*(予定)

9(火)日 マネーストックM2+CD、上中旬貿易統計、貸出・資金吸収動向、対外・対内証券売買契約、国際収支、貿易収支、景気ウォッチャー調査、企業倒産、工作機械受注、米 卸売在庫

10(水)中国貿易統計日 消費動向調査米 貿易収支、住宅ローン申請指数、輸入物価指数、新規失業保険申請件数、月次財政収支

11(木)G-20サミット(ソウル)日 機械受注、企業物価指数、東京都心オフィス空室率、ESPフォーキャスト調査、中国消費者物価指数、卸売物価指数、工業生産高、小売売上高、固定資産投資、米国休場(ベテランズデー)

12(金)オプションSQ、ミシガン大消費者信頼感指数・速報値   

13日(土)APEC首脳会議(横浜みなとみらい)

(講演)

9(火)レーン欧州委員会委員、 欧州委員会トルコやアイスランドなどのEU加盟について、年次進捗状況報告書を発表、フューレ欧州委員会委員、 ファンロンパイEU大統領、NZ準備銀行金融安定報告書

 
10(水)アンドル欧州委員、イングランド銀行四半期物価報告を公表、トリシェECB総裁
11(木) ロックハート・アトランタ連銀総裁、 シュタルクECB事、ECB政策委員会メルシュ・ルクセンブルク中銀とIMFホセ・ビナルス氏講演
12(金)タルーロFRB理事、ラスキンFRB理事、ゴンサレスパラモECB理事

(決算)

9(火)大林組、ハウス、三越伊勢丹、AOCHD、太平洋セメ、SMC、ダイキン、東芝、セイコーHD、アコム、大京、NTT、セコム

、凸版、楽天、バークレイズ、MBIA、アムバック・ファイナンシャル・グループ
10(水)清水建、日揮、博報堂DY、電通、大平金、パイオニア、東京精、新生銀、東急、近鉄、シスコシステムズ、ゼネラル・モーターズ(GM)、メーシーズ

11(木)大成建、長谷工、鹿島、千代建、GSユアサ、あおぞら銀、CSKHD、ウォルト・ディズニー、バイアコム、エヌビディア、 サンパワー
12(金)みずほFG、三井住友FG、りそなHD、みずほ信託、住友信託、中央三井トラストHD、横浜銀、第一生命、ヤクルト、丸井G、マツキヨHD、DRホートン、JCペニー

(外貨投資)

9(火)10年物米国債入札、 T&D AMト 超長期国債ファンド
10(水)30年物米国債入札、三菱UFJ投信 米国ハイイールド債券(レアル、豪ドル)、野村AM 先進国ヘッジ付き債券ファンド「愛称:エンタメくん」
11(木)BNYメロンAMジャパン パシフィック好配当株式F(毎月分配型
12(金)日興AM 日興 ネクスト10イヤーズ・G・エクイティ 国際株式型

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 景気ウォッチャー調査 | トップページ | 日本橋・室町 »

為替10年11月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 景気ウォッチャー調査 | トップページ | 日本橋・室町 »