« (小局)米ドル安プラス、アジア(含む日本)通貨高:津田 | トップページ | 豪ドル円、バーナンキがパリティーを決める »

2010年10月15日 (金)

欧州これから

「欧州これから」

*ギリシア債は一旦9%割り込むも9.07%まで戻す

*フランスは年金改革デモ続く

*シュタルクECB専務理事=通貨戦争が通貨切り下げレースに進化した場合、致命的なものになる
*ビニ・スマギECB専務理事=問題は弱いドルであり、強いユーロではない

*トリシェ総裁講演あり

18:00(EU)貿易収支(8月)予-8億 前 2億%

18:00  ユーロ圏9月消費者物価指数-コア(前年比)     予想.00%   *    1.00%      
18:00  ユーロ圏9月消費者物価指数(前月比)          予想 0.20%   *    0.20%      
18:00  ユーロ圏9月消費者物価指数(前年比)・確報値 予想  1.80%   *    1.80% 

講演=フィッシャー英中銀理事、シュタルクECB理事(17:45)、トリシェ総裁

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« (小局)米ドル安プラス、アジア(含む日本)通貨高:津田 | トップページ | 豪ドル円、バーナンキがパリティーを決める »

為替10年10月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 欧州これから:

« (小局)米ドル安プラス、アジア(含む日本)通貨高:津田 | トップページ | 豪ドル円、バーナンキがパリティーを決める »