« NZ円、消費強い、消費税引き上げ前で | トップページ | ドル円 夕刻PF »

2010年10月11日 (月)

人民元処方箋は西洋医学と漢方で違い

「人民元処方箋は西洋医学と漢方で違い」

*人民銀行周小川総裁=中国自身も、人民元がより強い通貨となることを目指しているが、人民元を上昇させるだけで、世界経済の問題は解決しない」

*為替政策をめぐる欧米各国との考え方の違いについて、「これはいわば西洋医学と東洋医学の違いだ。かぜをひいたら欧米では一晩で治す薬を処方するが、中国ではさまざまな漢方薬を取り入れてじっくりと治療していく

*人民元を短期間で大幅に切り上げていく考えはないと強調した

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« NZ円、消費強い、消費税引き上げ前で | トップページ | ドル円 夕刻PF »

為替10年10月」カテゴリの記事

コメント

漢方薬は重症の病気には効かないですよねえ。
肺炎に対して体質改善からやってるヒマはないよー
カゼと一緒にするな~ 

投稿: マロンちゃん | 2010年10月11日 (月) 23時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人民元処方箋は西洋医学と漢方で違い:

« NZ円、消費強い、消費税引き上げ前で | トップページ | ドル円 夕刻PF »