« PFポンドと豪ドル 夜 | トップページ | ユーロ円、ギリシア9.46%へさらに低下 »

2010年10月12日 (火)

ドル円、日本の指標悪化続く

「ドル円、日本の指標悪化続く」

*10月5日-7日の下降ライン上抜けるもまた下げて接す

*なんと陽線が少ないこのごろ

*ボリバン(81.54-86.16)

*若干の損切り売りあり、81.50

*5日線は9月22日(84.53)から下向き

*日々下げ幅は小さい

*9月24日-28日の下降ラインは消極的サポート

Ws000018

(材料)

*日本=野田財務相= G7では通貨安競争的な状況の分析が行われた○G7では通貨安競争的への対応で結論出ていない○通貨安競争的な状況について2週間後G20で議論される○日本も国際社会で為替問題の解決に取り組んでいく○過度な為替変動には介入も辞さず

9月消費者態度指数 一般世帯=前回:42.4、今回:41.2

(予定)

12(火)日 消費動向調査、ESPフォーキャスト調査 米 週間チェーンストア売上高、週間レッドブック大規模小売店売上高 、FOMC議事録 、OPEC月報

13(水)日 マネーストックM2+CD、機械受注 、投信概況、中国貿易統計、米 MBA住宅ローン申請指数、輸入物価指数、月次財政収支

14(木)企業物価指数、マンション市場動向、商業販売統計、 企業倒産、米 生産者物価指数、貿易収支、新規失業保険申請件数

15(金)中国 不動産価格、外貨準備、先行指数、米財務省為替報告書発表期限 、日 日銀支店長会議、鉱工業生産・確報、マネタリーサーベイ、 対外対内証券売買、中国共産党会議、米 消費者物価指数、小売売上、ニューヨーク連銀製造業景気指数、ミシガン大消費者信頼感指数、米企業在庫

(講演)

12(火)カンザスシティー・ホーニグ総裁、 トリシェ総裁、マイルズ英中銀委員
13(水)ラッカー・リッチモンド連銀総裁講演、バーナンキ議長、センタンス英中銀総裁
14(木)ミネアポリス連銀コチャラコタ総裁、EUファンロンパイ大統領、欧州委員会バルニエ委員、欧州委員会バローゾ委員長、ECBビニスマギ理事、ウェーバー・ドイツ連邦銀行総裁、メルシュルクセンブル中銀総裁
15(金)白川日銀総裁、フィッシャー英中銀理事、シュタルクECB理事、バーナンキ議長、アトランタ連銀ロックハート総裁、コーン前FRB副議長、トリシェ総裁、ローゼングレン・ボストン連銀総裁

(決算)

12(火)インテル
13(水)JPモルガン・チェース
14(木)AMD、グーグル
15(金)GE、マテル

(外貨投資)

12(火)米3年債
13(水)米10年債、大和証券投資信託委託 ダイワ 米国高金利社債F(通貨)レアル
14(木)米30年債
15(金)野村アセットマネジメント 野村 新中国A株投信、 岡三アセットマネジメント 東南アジア成長株オープン

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« PFポンドと豪ドル 夜 | トップページ | ユーロ円、ギリシア9.46%へさらに低下 »

為替10年10月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドル円、日本の指標悪化続く:

« PFポンドと豪ドル 夜 | トップページ | ユーロ円、ギリシア9.46%へさらに低下 »