« ざわわ ざわわ ざわわ | トップページ | 今週の豪ドル相場:津田 »

2010年10月25日 (月)

月曜早朝シドニー市況:津田

おはようございます。
本日のシドニー市場はドルが軟調です。主要通貨はポンド以外対ドルで上昇。円クロスも50ポイント以上値を上げています。やはりG20の”通貨安牽制”も米ドル支援材料にはここまでなっていない様子。週末のG20等国際会議を挟んで米ドル下落が再び始まるのか、あるいは従来からのドル売りポジションの調整が起こるのか?今週も不安定な相場展開が続きそうです。指標面では米国Q3GDPや豪州Q3CPIが注目されます。豪州CPIは前期より若干低下が予想されていますが、逆に強い数字が出れば11月利上げ観測が再び高まる可能性があります。市場の目は既に11月上旬の米国中間選挙、FOMCに移っているのかもしれません。
日本の奄美大島では大雨被害が出たようですが、週末のシドニーも冴えない雨模様。久々の傘を差しながらのゴルフプレーとなりました。

それではHave a nice week in advance!!
ジョー@シドニー―小雨

-------------------------------------------------------------------------

週末の出来事・発言等:

・ゴールドマン・チーフ米国エコノミストHatzius―FRBは2兆ドルの資産購入を行う可能性がる。11月のFOMCで更なる金融緩和策が出るのはほぼ確実(10/25)
・ロシア中銀は2011-2013年もルーブルの為替変動レートの拡大を予想(Vedomosti)(10/25)

・独ショイブレ財務相―政府の国債保有は将来のソブリンリスクに対するリスクテークの責任を想定すべき。財政規律違反に対する罰則の厳格化を(10/25)
・ガイトナー財務長官―G20後に中国のWang副首相と会談。中国は国内経済成長の拡大を予想するが、より急速な人民元の上昇の準備は出来ていない(10/25)
・米FDICはAZ,KS,IL,GA,FLの7銀行を閉鎖(今年の合計139行に)(10/24)
・G20は競争力を増進する目的の通貨切り下げを避け、市場原理に基づく為替レート支持を宣誓(10/24)
・FEDプロッサー―デフレ懸念は深刻ではない、FEDの個人アセット購入を避けられることを希望(10/23)
・日銀は企業の資金調達支援のためにBBB格付け等の低格付け社債やCPの購入を検討(10/23)
・FEDフィッシャー―為政者は政策が米ドルに与える影響に留意すべき(10/23)


NYK closing

Sydney range

Tokyo6:00am

USDYEN

81.35

  81.19-81.40

81.32

EURUSD

1.3939

  1.3954-1.3993

1.3970

GBPUSD

1.5686

  1.5661-1.5701

1.5674

EURYEN

113.40

113.43-113.67

113.62

GBPYEN

127.62

   127.27-127.64

127.47

AUDUSD

0.9808

  0.9836-0.9875

0.9860

AUDYEN

79.78

  79.94-80.25

80.18

NZDUSD

0.7464

.   0.7463-0.7507

0.7493

NZDYEN

     60.70

    60.62-61.10

60.91

DOWCFD

11132

11139

OIL CFD

        81.69

81.91

GOLDCFD

1325.00

1336.00

Then, have a nice day!!

Joe

日本より断然有利なJUNAX豪ドル預金ファンド  http://junax.com.au/


「Joeの豪ドル道場」FXマガジンにて毎週 月・水・金 執筆中
!


ご購読はこち らから



野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« ざわわ ざわわ ざわわ | トップページ | 今週の豪ドル相場:津田 »

2津田穣(2)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ざわわ ざわわ ざわわ | トップページ | 今週の豪ドル相場:津田 »